ホーム エンタメ > 佐藤千亜妃「三股されたらフェードアウト」 emmaらと恋愛観語る

佐藤千亜妃「三股されたらフェードアウト」 emmaらと恋愛観語る

「三股されたらフェードアウト」恋愛観を語った佐藤千亜妃=日本初のシネマコマース型ブランド『CAST:』完成披露試写会 (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

「三股されたらフェードアウト」恋愛観を語った佐藤千亜妃=日本初のシネマコマース型ブランド『CAST:』完成披露試写会 (C)ORICON NewS inc.
 無期限活動休止中のバンド・きのこ帝国の佐藤千亜妃、女優の飯豊まりえ、モデルのemmaが7月31日、都内で行われた日本初のシネマコマース型ブランド『CAST:』の完成披露試写会に登壇。作中では“三股彼氏”を通して知り合う役をそれぞれ演じ、佐藤は「もし三股されたらフェードアウト!」と自身の恋愛観を語った。

 “三股彼氏”がもしいたらという話題で佐藤は「そういうことをする人なんだと。怒ることも無駄なので、怒りもせずに消えます。労力を使わない」とし、emmaは悩みながら「二股までなら考えるかもしれない。でも三股は無理ですね。仲良くできない」と話していた。

 続けて“復讐したいこと”を聞かれると佐藤は「ライブハウスで打ち上げをすると飲まされるんですよ。以前、バンド仲間にいきなりビールをかけられたことがあって、いつかやり返してやりたい」とニヤリ。飯豊は「ある作品で、正座をしてたんですけど立ち上がって出る時にひねってしまって両足を捻挫したことがあります。正座の練習をしておけばよかったです」と自分自身へのリベンジを口にした。

 emmaと飯豊は佐藤の楽曲を聞いていたようで、クランクインのときは「本物だ!」と感動した様子を振り返り、佐藤は「緊張して現場に入ったんですけど、2人とも優しくて気さくでした」と感謝していた。

 同ブランドは、20代後半から30代前半を中心とした新ブランド。あす1日に渋谷店のオープンを皮切りに、9月にかけて全国約30店舗と公式オンラインサイトなどでスタートする。また“着る映画”をシーズンコンセプトに飯豊、emma、佐藤が出演する映画『CAST:』をオンラインで公開。3人の登場人物の衣装を映画で観ながら、直接購入画面に進むことができるシネマコマース型システムが導入されている。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R