ホーム エンタメ > こんまり、自身は「片付けの変態」 Netflix片付け番組反響明かす「道を歩いていると…」

こんまり、自身は「片付けの変態」 Netflix片付け番組反響明かす「道を歩いていると…」

Rakuten Optimism 2019 ビジネスカンファレンスの『スペシャルコンテンツ』に参加した近藤麻理恵氏 (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

Rakuten Optimism 2019 ビジネスカンファレンスの『スペシャルコンテンツ』に参加した近藤麻理恵氏 (C)ORICON NewS inc.
 “こんまり”の愛称で親しまれる片付けコンサルタント・近藤麻理恵が2日、パシフィコ横浜で行われた楽天の大型イベント『Rakuten Optimism』内のスペシャルコンテンツにゲストとして登場した。

 こんまりはNetflixで配信されている『KonMari 人生がときめく片づけの魔法』が米国で大人気に。同番組では悩みを抱えて片付けできない各家庭の相談にのりながら片付け方法を伝授している。7月にはテレビの優秀な番組に与えられる第71回エミー賞の候補作品に2部門でノミネートされた。

 そんな、こんまりのコンテンツ事業を米国で手掛ける「KonMari Media,Inc」と楽天はパートナーシップを締結したことを発表。楽天はKonMari社の株式の過半数を取得。楽天は創業以来、毎週月曜日に社員自らオフィスの清掃をする習慣を継続しており、三木谷会長は「これを続けていく限り、楽天という会社は原点に立ち戻って成長できる」と話した。そして「こんまりさんとのパートナーシップを通じて社内だけじゃなく、さまざまなかたちで日本の文化の片付けを世界中に発信していく」と誓った。

 こんまりは同イベントのために、米・ロサンゼルスから日本に戻ってきた。今や世界で知られる日本人の代表だが「いろんな方に本や番組を見ていただいている。道を歩いていると、たくさんの方がスマホを見せてくださって、それを見ると引き出しの中に洋服をキレイに畳んでいる」と反響を語った。

 改めて自己紹介した、こんまりは「私は5歳のときから片付けに興味を持って、中学生から真剣に片付けを研究を続けてきた。人生で片付けを考えている、一言で言うと片付けの変態です」とにっこり。ときめきを基準に片付けをする“こんまりメソッド”で一躍、有名に。その基準は人生でも同じで「自分のときめく生き方は何なのかを考え直すための片付け」と口にした。楽天とのコラボは「私にとって、ときめくことです」と迷いなく、パートナーシップを結んだことを振り返っていた。

 また、エミー賞ノミネートを三木谷会社から祝福されると「ありがとうございます」ときらめく笑顔で返していた。



関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R