ホーム エンタメ > 高橋愛、夫・あべこうじの女子力に苦笑「珍しい」

高橋愛、夫・あべこうじの女子力に苦笑「珍しい」

夫・あべこうじの女子力に苦笑いの高橋愛=コミュニティ型Instagram番組『#MySkinStories』番組発表会 (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

夫・あべこうじの女子力に苦笑いの高橋愛=コミュニティ型Instagram番組『#MySkinStories』番組発表会 (C)ORICON NewS inc.
 タレントの高橋愛がラッロッシュポゼ コミュニティ型Instagram番組『#MySkinStories』番組発表会に登壇した。肌について皮膚科医・友利新からアドバイスを受けた高橋は夫・あべこうじについて「私より結構女子力の高い旦那さんなので珍しいと思います」と苦笑し、「化粧水とか『私の使ったでしょ!』みたいな。共有して使ったりしてる」と夫婦のスキンケア事情を明かした。

 今回、高橋と友利をメインパーソナリティーに迎え、肌疾患、肌悩みを持つ方に寄り添い、ゲストや視聴者とともに『敏感肌の肌悩み』と向き合うコミュニティ型インスタグラム番組が誕生。初回ゲストであるモデルの武智志穂、“敏感肌代表”として登壇したサバンナ高橋茂雄とトークを繰り広げた。

 20代中盤では“お肌の曲がり角”で悩みが尽きなかったという高橋は「25歳にビビってた。ネガティブだったんです。楽しくなかった。30代になった時に、まぁいいか、めんどくさいって思ったら楽しくなっちゃって。日によって変えたり、楽しくなってきたら肌を褒められたんです! 悩んでた時期はなんだったんだろうと。そうなってから悩んじゃいけないんだな、それより楽しむことが大事だなって」とポジティブな姿勢をみせた。

 イベントでは日々の洗顔のタイミングや方法などの肌習慣を見直し、友利がチェック。敏感肌にもかかわらず、普段は乳液などなにも塗らず、水洗顔のみと豪語するサバンナ高橋に友利は「ダメ習慣」と厳しく判定。保湿を強調されると「義務教育に保湿をいれて!」と嘆いた。

 またこの日が第3子出産後初公の場となる友利は「私は(今年は)妊娠出産だったので来年は子どもたちが大きくなったらお仕事を頑張りたい」と来年の抱負を掲げると、高橋は「友利先生に習ったことを実践して、美肌を目指したい」と意気込み。武智も「『年齢に負けない』言い方ってあまりすきじゃない。健康的にスキンケアもそうですけどたのしみながらいろんなことにチャレンジしていけたら」と前向きに語っていた。

 番組は11月12日より毎週火曜7時より3週間にわたって放送。



関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R