ホーム 子育て > ARで恐竜が飛び出す、家族で楽しめる仕掛けがいっぱい「ぬりえ恐竜図鑑」に注目のワケ

ARで恐竜が飛び出す、家族で楽しめる仕掛けがいっぱい「ぬりえ恐竜図鑑」に注目のワケ

『NuRIEbook KYORYU ZUKAN』

[拡大写真]

『NuRIEbook KYORYU ZUKAN』
 ステイホームが呼びかけられている今年のGW。おうち時間が長くなる中、家族一緒に楽しめること間違いなしのぬりえ『NuRIEbook KYORYU ZUKAN』が注目されている。一見、本の形をしているが、中を開くととても長い(1,820mm)ぬりえの世界が広がる。恐竜のテーマパークが描かれ、裏面には「学研の図鑑LIVE」監修の解説入りで、ぬりえを楽しみながら恐竜について学ぶことができる仕様だ。

 スマートフォンをかざすと、ティラノサウルスとトリケラトプスが飛び出すAR機能がついている。カメラを回して恐竜をいろんな角度から眺めたり、手乗り恐竜のようにして写真を撮ったりと楽しめる(※専用アプリのインストールが必要)。

 長く広げられるので、みんなで一緒にぬったりと兄弟や家族みんなで色を塗って楽しむことができるのも特長。また、スイミーデザインラボのアートディレクター、吉水卓氏によるアート(絵柄)にも注目だ。色をぬりながら物語を発見したり、ところどころに散りばめられたウィットに富んだ絵柄にクスっと笑ったり、老若男女の垣根を越えて会話が弾む仕掛けがたくさん詰まっている。

 コミュニケーションできるぬりえ「NuRIE(ヌーリエ)」シリーズでは、ほかにもおうち時間に家族で楽しめる、さまざまなぬりえを展開。マルアイオンラインストアにて販売中。価格は、2,000円(税抜)。



関連写真

関連リンク

シェア

あなたにおすすめの記事

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)