ホーム グルメ > スタバ全店で15%のフードロス削減へ 閉店3時間前からフード20%オフ本日開始

スタバ全店で15%のフードロス削減へ 閉店3時間前からフード20%オフ本日開始

スターバックス コーヒーでは本日よりフードロス削減の為閉店3時間前からフード20%オフで販売

[拡大写真]

スターバックス コーヒーでは本日よりフードロス削減の為閉店3時間前からフード20%オフで販売
 コーヒーやフラペチーノ以外にも、ドーナツ、サンドイッチなどを販売するスターバックス コーヒージャパン。同社はフードロス削減を目指し、当日の各店舗の在庫状況に応じて閉店3時間前から商品を20%オフで販売する。本日23日より、恒常的に実施していく。

■従業員の「何とかしたい」の声が実現 廃棄物50%削減目指す

 この取り組みは、全国のスターバックス店舗で実施され、対象商品はフードケース内の商品。ドーナツやケーキ、サンドイッチなどが該当し、ヨーグルト、キッズドリンクなどの一部商品は対象外となる。

 同社の店舗から排出される食品廃棄物の約7割はコーヒーを抽出した後の豆かすが占めているが、約15%は期限切れフードとなり、これらの廃棄量削減も重要と考えたとのこと。店舗で期限の管理をしている従業員からも、廃棄しなければならない物を減らしたい、という声が多く上がっていたといい、早急な対応をもって取り組むべきアクションとして、全国展開を決めた。リソースポジティブカンパニーの実現を掲げ、2030年までに店舗などから出る廃棄物50%削減を目指す方針。

 3月には、東京都と埼玉県の90店舗ほどで1ヵ月間のトライアルを実施。顧客からは「スターバックスで買うことで良いことに貢献できる」「少しでも廃棄を減らすことができるなら」という、同アクションへ賛同する意見が寄せられた。従業員からも「お客様と一緒に進められるサステナブルな取り組みで、誇りを持って商品を勧められる」「いよいよ本格的にプログラムが始まることを嬉しい」と前向きな声が集まった。

■売り上げの一部は子どもたちの食と未来づくりへ貢献

 また、同社は店舗が出店している地域への貢献もプログラムの一環とし、この取り組みで得た売上の一部を認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえに寄付する。

 むすびえは、「こども食堂の支援を通じて、誰もとりこぼさない社会をつくる」という思いから設立。スターバックスのアクションに対し、むすびえの湯浅誠理事長は、「こども食堂とスターバックスは、ともに『地域みんなの居場所となることを目指す』仲間であり、これからスターバックスとの協働が始まることを大変うれしく思います。私たちの社会、そして世界は、居場所を必要とし、居場所を求めています。プログラムを通じて、誰にでも居場所のある日本社会を創り、地域に貢献していくことをスターバックスとともに歩めれば、と願っています」とコメント。

 なお、スターバックス リザーブ ロ―スタリー 東京など、取扱商品が異なる店舗は同プログラムの対象外となる。



関連写真

関連リンク

シェア

あなたにおすすめの記事

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ