ホーム 恋愛・暮らし > 必ず入れるおでんの具TOP10、1位は王道「大根」〜「はんぺん」関東3位も関西圏外

必ず入れるおでんの具TOP10、1位は王道「大根」〜「はんぺん」関東3位も関西圏外

心も体も温めてくれる国民食・おでん。県民性の違いは? 

[拡大写真]

心も体も温めてくれる国民食・おでん。県民性の違いは? 
■調査結果

 豆乳飲料や練り物食品などを展開する紀文が、今年も「紀文・鍋白書2010」を発表。東西の食文化は、冬の定番・おでんでも違いがあることが分かった。『わが家のおでんによく入れる種ものランキング』で、総合1位に【大根】、2位【玉子】、3位【ちくわ】と王道が並ぶなか、5位の【はんぺん】は東西で大きく異なる。地域別でみると北海道は4位、宮城県と東京都で3位にランクインしているが、大阪府では12位、広島県11位、福岡県12位といずれもTOP10圏外。このほか、東京は「ちくわぶ」、大阪は「たこ・たこ串」と、各地域ならではの食材が挙がっている。

 同調査では、家庭で作られている「わが家のおでんの種類」もリサーチ。全体の46.6%が【関東風しょうゆ味】と回答し、次いで【関西風あっさり味】(34.4%)が続いた。またブロッコリーにトマトなど、これまであまりおでんの種として馴染みのなかった野菜を白だしで仕上げる【野菜おでん】や、夏にも食べられる【冷やしおでん】という回答も少数ながら挙がっている。そして愛知県では八丁味噌をベースとした味噌ダレで煮込む【名古屋おでん】(48.5%)がトップと、ここでも地域ごとの食文化の違いが色濃く反映された。

 このほかにも、今後おでんに“ちょっと足してみたい”調味料ランキングも発表されており、1位【柚子こしょう】(29.6%)、2位【ラー油】(11.4%)、3位【生姜】(8.6%)と少し辛みのあるアイテムがTOP3に。今年は“食べるラー油”ブームといえる1年だったが、おでんでも試してみたい人は多いようだ。今や冬の風物詩であり、日本の国民食ともいえるおでん。今後も種ものの変化とともに、様々な味付けや食べ方が考案されていくのかもしれない。

【調査概要】
調査テーマ:紀文・家庭の鍋料理調査2010
調査時期:2010年9月4日〜6日
調査人数:1,400名(各地域から男女200名)
調査地域:北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、福岡県
調査方法:インターネット調査
調査機関:株式会社紀文食品(および株式会社マクロミル)

>>お鍋レシピも登場!紀文の「おでん」サイト



■禁無断複写転載
※無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。



関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R