ホーム エンタメ > 福田沙紀、「自分の故郷にしかないぬくもり」改めて実感

福田沙紀、「自分の故郷にしかないぬくもり」改めて実感

2011.04.01 12:30

 弘前市の大衆食堂をモデルにした森沢明夫の同名小説を、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの藤森慎吾、中田敦彦のダブル主演で映画化した『津軽百年食堂』(大森一樹監督、4月2日公開)。ヒロイン役で出演する女優の福田沙紀は「自分の故郷にしかないぬくもりがある。故郷への誇り、親しみが深まる映画になった」とアピールする。

 同作は、弘前市をはじめ、八戸市、黒石市など青森県内でほぼ全ての撮影が行われ、地元のエキストラ・スタッフも多数参加して出来上がっ...

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R