ホーム グルメ > 【live in luxury −美酒ライフ−】スイーツに合うビール探し〜ペアリングのコツを紹介

【live in luxury −美酒ライフ−】スイーツに合うビール探し〜ペアリングのコツを紹介

【live in luxury −美酒ライフ−】スイーツに合うビール探し〜ペアリングのコツを紹介
 スイーツとビールのペアリング、中水さんがナビゲートしてくれた組み合わせはこちら。組み合わせのポイントも併せて解説。

【CASE-1】 レモンフレーバーのウエハース×キリン 一番搾り

★POINT★ 共通するフレーバーを見つける
「実は『一番搾り』には柑橘系のフレーバーが入っているため、同じく柑橘系のレモンはうまくハマるんです」。共通するフレーバーを持つもの同士は合いやすい…という理論。もっともシンプルで実践しやすい方法といえそう。

【CASE-2】 エッグタルト × グランドキリン 雨と太陽のセゾンビール

★POINT★ 真逆の組み合わせで新しい味わいを体験
 特別なホップを使っているという、フルーティーな味わいのこのビールに合わせるのは濃厚なエッグタルト。ビールの爽やかな後味がエッグタルトに合わさって、チーズケーキのようなサッパリ感をプラス。爽やかな風味のビールにはさっぱりとしたスイーツを合わせてみたくなるものの、「濃厚×サッパリ」な組み合わせにより、ペアリングだからこその新しい味わいが楽しめるんだとか。

【CASE-3】 オペラ×キリン 一番搾りスタウト

★POINT★ 同じ色合いだとマッチしやすい
 こちらはワイン同様、色の組み合わせで考えるとわかりやすいはず。濃厚なチョコレートと黒ビールの香ばしいコクと風味がマッチ。ショコラはミルク系よりビター系の方が、個性を消すことなくうまいバランスで調和しそう。

【CASE-4】 ダックワーズ × グランドキリン

★POINT★ 日本発のビールなら和素材とのペアリングも
 「和のスイーツ素材はビールに合わせにくいと思う人もいるかもしれませんが、日本で作られているジャパニーズビールは意外と和素材と合うんですよ」。特に『グランドキリン』は使っているホップのテイストが、抹茶と風味が合うんだとか。抹茶のほろ苦さとビールの風味が交わって、よりオトナの味わいに。
 スイーツはお店によって味わいが異なることもあるので、この組み合わせやヒントをもとに、自分なりのペアリングを楽しんでみるとよさそう。「ビアパーティーはビールが主役。 “今日はこのビールだから”と事前に伝えておいて、みんなでオススメのスイーツを持ち寄るといろんな組み合わせが楽しめるし、新しい発見もあって盛り上がりますよ」。

Navigator/中水和弘さん
キリンビール・セミナー講師。東京・代官山のSPRING VALLEY BREWERY(スプリングバレーブルワリー)をはじめ、さまざまな場所でセンナ―を開催している。特に、“ビール×スイーツ”の組み合わせは女性たちからの関心が高いようで、開校するといつも大盛況だとか。

取材協力/キリンビール SPRING VALLEY BREWERY


※当企画は未成年の飲酒を推奨するものではありません。お酒は20歳になってから楽しみましょう。
シェア

関連リンク

おすすめコンテンツ


P R