ホーム グルメ > ヤミー先生の「つくおき」おかずで作る【簡単】おせち料理

ヤミー先生の「つくおき」おかずで作る【簡単】おせち料理

日本の大切な行事食のひとつ「おせち料理」。いつかは挑戦してみたいものの、本格的なレシピとなると、やっぱりハードルが高いですよね。でも実は、いつもの作り置きおかずのアレンジで簡単にできるおせちレシピがあるんです。キッコーマンにて開催された「KCC食文化と料理の講習会」、料理研究家・ヤミー先生の「いつものおかずにちょい足し!おせち料理」レシピをご紹介します。
■いつものおかずに ちょい足し!おせち料理
世界中の料理を3ステップの簡単レシピにして届ける料理研究家・ヤミー先生。2006年1月に料理ブログをスタートすると、レシピの簡単さと面白さから、TVやネットでたちまち話題に。現在、料理研究家として雑誌やTV、企業のレシピ開発などで活躍するほか、会員制プライベート料理教室「Yummy's Cooking Studio」にて世界のママの味を広めています。
ヤミー先生のお料理は、盛り付けの美しさも人気の理由。今回もいつものおかずがパッと華やぐテクニックを披露しています。まずは、色鮮やかな豆皿。次に、お正月に欠かせない「南天の葉」。これだけでぐんとお正月らしいプレートに仕上がるそう。ぜひ、挑戦してみて!

鶏と根菜の甘辛タレ

作り置きの「鶏肉と根菜のブレゼ(蒸し煮)」に甘辛タレを絡めるだけ。パパっと5分の手軽さながら、鶏肉の旨味をギュッと閉じ込めたブレゼのアレンジなので、ひと口ごとに味わいが広がる一品です。

【材料:8人分】
・作り置きの「鶏肉と根菜のブレゼ」 全量
・いんげん 4本
・塩 少々
(A) マンジョウ 国産米こだわり仕込み料理の清酒 大さじ3
   マンジョウ 本みりん 大さじ2
   キッコーマン 特選 丸大豆しょうゆ 大さじ2
   砂糖 小さじ2
   片栗粉 小さじ1

【作り方】
1:いんげんはさっと塩ゆでし、斜めに切る。
2:Aの材料を鍋に入れてとろみがつくまで煮て、ブレゼを加えてからめる。
3:(1)のいんげんを(2)に加えてサッと合わせる。
■作り置きの「鶏肉と根菜のブレゼ」

【材料:作りやすい量】
・鶏もも肉 1枚(300g)
・玉ねぎ 1/2個
・レンコン 200g
・にんじん 1/2本(100g)
・ごぼう 1/2本(100g)
・デルモンテ オリーブオイル 大さじ1
・バター 20g
・白ワイン(日本酒でも代用可) 100ml
・塩 小さじ1/4

【作り方】
1:鶏もも肉は、ひとくちに切って塩少々(分量外)をまぶす。玉ねぎはくし切り、レンコンとにんじんは、皮をむいて1cm厚さのいちょう切りにする。ごぼうは皮をこそげ、斜め薄切りにする。
2:フライパンにオリーブオイルを入れ、中火にかけて鶏肉を皮から焼く。焼き色がついたら返し、余分な脂を拭き取る。
3:(2)にバターを入れ、野菜を加えて炒め合わせ、塩小さじ1/4をふり、白ワインをまわし入れる。アルコールを飛ばし、ふたをして10分ほど蒸し煮にする。
ここがPOINT!
鶏肉は焼く前に下味(塩)をつけることで、ぐんと旨味が倍増。短い煮込み時間でもしっかりした味わいに。鶏もも1枚(250g〜300g)に小さじ1/8が目安です。

1 2 3 >

シェア Google+

関連リンク

おすすめコンテンツ


P R