ホーム エンタメ > 【インタビュー】Dream Ami いくつになっても“自分らしく”輝きを増していきたい

【インタビュー】Dream Ami いくつになっても“自分らしく”輝きを増していきたい

Dream Ami インタビュー

作詞家・小竹正人さんが生み出したLDH楽曲の世界観を、6人の映画監督がショートフィルムに落とし込んだ『CINEMA FIGHTERS』。上映される6編の“リリック(歌詞)シネマ”の中から、齋藤俊道監督がメガホンをとった『色のない洋服店』で初主演を務めたDream Amiさんに、作品のお話やこれからの展望、気になる恋愛・結婚論までたっぷりお話をうかがいました。

自分の楽曲がどんな物語になるのかワクワクしました

――リリック(歌詞)を原作にしたショートフィルムというのは、とても興味深い試みですが、最初にお話を聞かれたときは、どう思われましたか?
【Dream Ami】 私が最初にお話をうかがったのは、1年くらい前で、まだE-girlsを卒業する前だったのですが、とてもおもしろい、LDHらしい表現の仕方だと思いました。
――Amiさんが主演された『色のない洋服店』は、1stソロシングルの『ドレスを脱いだシンデレラ』の世界を映像化したものですよね。自分の曲が選ばれたと聞いたときは、どんなお気持ちだったんでしょう。
【Dream Ami】 小竹さんがこれまで書かれたたくさんの楽曲の中から、自分の曲を選んでいただけたことは、とても嬉しかったですし、光栄です。『ドレスを脱いだシンデレラ』は、私のソロ楽曲の中でもとくに世界観が明確なので、映画にするにはぴったりだなと思いました。そのときはまだ、脚本も監督も決まっていなかったので、どんな物語になるのか、とてもワクワクしましたね。
――実際に、完成した脚本に目を通されたときはどう思われましたか? 個人的には、すごく意外なストーリーだと思ったのですが…。
【Dream Ami】 そうですね。私もすごく意外だなと思いました。まさかあの曲から、このような脚本が生まれるとは、まったく想像できませんでした。
――ご自分が演じられる主人公・由衣については、どんな印象をもたれましたか?
【Dream Ami】 自分とは正反対な女性だなと思いました。私は思ったことや表現したいことはわりと口にするタイプなので、由衣のように自分の中に打ち秘めて、ずっと我慢したりすることはあまりないですし、ふだん黒い服を着ることも少ないので、そういう部分も自分とは違いますね。

自分とは正反対だった由衣の中に重なる部分があることに気がついた

――これまでも、ドラマや舞台、ミュージカル、声優など、様々な形で演技に携わってこられましたが、やはり主演というプレッシャーは大きかったですか?
【Dream Ami】 そうですね。今回の6作品にご出演されている皆さんは、ふだんから俳優さんとして活躍されている方達ばかりですが、私はきちんと演技を学んだことがないうえに、映画の現場はほぼ初めてでした。「私なんかでいいのかな?」という気持ちはありましたが、今回、自分の曲を題材にしていただいた事もあったので、ここは謙遜している場合じゃないなと思いました。

Dream Ami

『色のない洋服店』より
――役作りはどんなふうにされたのでしょう。
【Dream Ami】 台本をしっかり読み込んだくらいで、特別な事はしていないです。監督も「役作りは必要ない。いつものAmiちゃんのままでいい」と言ってくださりました。ただひとつ「脚本を読んで、そのときどきの由衣の気持ちと照らし合わせられる、自分の過去の経験をいろいろ思い出しておいてください」という課題をいただきました。由衣が鏡の前で黒い服を脱いで、カラフルな服を着た金髪の自分を見つめながら『いつまでこんな生活が続くんだろう、いつまで自分の表現したいことを我慢しなくちゃいけないんだろう』と、葛藤するシーンがあります。私にも言いたいことがなかなか言えなかったり、周りの人から「金髪はやめなさい。黒髪にしなさい」と言われ続けていた時期があったなと思い返してみると、自分の中にも由衣の感情と重なる部分が意外とある事に気付きました。由衣というキャラクターを通して描かれているのは、私だけでなく、誰もが経験したことのある普遍的な感情のひとつなのではないかなという気がしています。
――セリフが関西弁だったことにも驚きました。Amiさんは大阪のご出身ですが、関西弁のほうが気持ちを込めやすいなど、標準語との違いは感じましたか?
【Dream Ami】 実は、由衣のセリフはもともと標準語だったのですが、せっかく私が演じさせていただけるのだから、やっぱり(子どもの頃から慣れ親しんだ)関西弁の方がいいんじゃないかという話になって、完成する直前に、関西弁になりました。いざ撮り始めると、標準語より関西弁のほうが言いづらくて(笑)。自分でも「あれ?」と、不思議に思いました。

チャンスがあれば、ふだんの自分に近い役柄もやってみたい

Dream Ami

――お芝居の難しさや大変さを改めて感じたりもしたのでしょうか。
【Dream Ami】 同じカットをいろいろな角度から何度も撮影したときは、毎回同じテンションでや演技することの難しさを知りましたが、それも自分の中では新たな発見でした。役者さんはいつもこういうことをされているんだなと思うと、ドラマ、映画とかの見方も少し変わりました。大変だな、難しいなというよりは、それを楽しめていたような気がします。
――女優として、今後出演してみたい作品や挑戦したい役柄はありますか?
【Dream Ami】 女優としてビジョンを立てるほど、先々を考えたことはありませんが、いただけるならどんな役でも…と思っています。今回はセリフがあまりなく、少し暗い役だったので、ふだんの自分に近いような表現をできる役柄もやってみたいですね。

1 2 >

Dream Amiインタビュー Photo Gallery

  • Dream Ami
  • Dream Ami
  • Dream Ami
  • Dream Ami
  • Dream Ami
  • Dream Ami
  • Dream Ami
  • Dream Ami
  • Dream Ami
  • Dream Ami

>> Photo Galleryをもっと見る

シェア Google+

関連リンク

おすすめコンテンツ


P R