ホーム ダイエット・ボディケア > “ポールダンス界のホープ”坂井絢香 バレエの挫折が「新たなチャンスを与えてくれた」

“ポールダンス界のホープ”坂井絢香 バレエの挫折が「新たなチャンスを与えてくれた」

“ポールダンス界のホープ”坂井絢香 バレエの挫折が「新たなチャンスを与えてくれた」
 小柄な身体は高さ4mのポールに体を預けたとたん、全身の筋肉が力強く躍動した――。ポールダンサー・坂井絢香。2015年、競技歴わずか3年で「ミス・ポールダンスジャパン大会」のチャンピオンにのし上がり、2018年にはアジアチャンピオンを決める「Asia Pole Champion Cup」で準優勝を果たしたポールダンス界のホープだ。現在、ポールダンスを“天職”と語る彼女だが、その裏には人生の大半を費やしてきた夢との決別があった。

【写真】坂井絢香、バッキバキの腹筋と芸術的な演技を披露

  • ポールダンサー・坂井絢香
  • ポールダンサー・坂井絢香
  • ポールダンサー・坂井絢香
  • ポールダンサー・坂井絢香
  • ポールダンサー・坂井絢香
  • ポールダンサー・坂井絢香
  • ポールダンサー・坂井絢香
  • ポールダンサー・坂井絢香
  • ポールダンサー・坂井絢香
  • ポールダンサー・坂井絢香

>> Photo Galleryをもっと見る

12歳で決めたダンサーとしての将来、20代での挫折

――モダンバレエにジャズダンス、新体操とダンス経験がとても多彩ですが、最初のきっかけを教えていただけますか?

【坂井絢香】 母の話では、幼稚園の頃に「バレエがやりたい」と言ったのだそうです。5歳からモダンバレエを始め、本格的にダンサーになりたいと思ったのは、小学校6年生の時。「劇団四季」の舞台を観る機会があり、一瞬でスポットライトを浴びて踊るダンサーに魅了されました。“四季に入団し、ダンサーとして生きていく”と目標が決まりましたね。
――12歳といえば、友達と遊びたい盛りの頃だと思いますが、どんな子供時代でしたか?

【坂井絢香】 もともとやると決めたら、貫き通すタイプ。ミュージカルもできるダンサーになるためにと、母に頼んでバレエに声楽、ピアノを習わせてもらい、学校から帰るとレッスン漬けの毎日でした。だから、学生時代はいわゆる“青春時代”らしい経験をしていないんです。でも、やめたいと思ったことは一度もなかった。“好き”というのを超えて、踊ることが生活の一部になっていたんだと思います。

――ポールダンサーとして転機はいつでしょうか?

【坂井絢香】 バレエ科のある専門学校を卒業後、ヨガのインストラクターとして働くかたわら、「劇団四季」のオーディションやバレエ団の入団テストを受けました。けれど、四季は2回続けて落選。25歳の時、3度目の正直で「これが最後のチャンス」だと覚悟を決めたオーディションも、結局合格できませんでした。小学校の頃からバレエを続けてきた私の経歴が否定されたようで辛かったですね。でも、バレエを趣味で終わらせたくなかった。その想いが前に進む原動力になり、ポールダンスとの出会いにつながりました。

絶望の日々で見つけた新たな目標 ポールダンスの世界へ

――ポールダンスとはどのように出会われましたか?
 
【坂井絢香】 バレエダンサーとしての夢は絶たれましたが、バレエを生かして何かできないかと探していた時に目に留まったのがYouTubeの動画でした。外国の女性がポールダンスをしていて、とても芸術性が高くて、「これ、面白いかもしれない!」と。挑戦してみたいと思いましたが、当時はすぐに行動には移せなかったんです。
――始めることにためらいが?

【坂井絢香】 最近でこそ、エクササイズの一環としてポールダンスに取り組む人も増え、アクロバティックな技を競うスポーツ競技でもある、と認知され始めていますが、でも、まだ「ポールダンス=セクシーなショー」というイメージを持たれている人も多いのが現状です。「露出の多い衣裳で踊るんでしょ?」と好奇の目で見られることもあります。私が競技を知った6年前は、今よりずっと偏見があり、私自身にも迷いがありました。
――迷いのなか、どのように一歩を踏み出したのでしょうか?

【坂井絢香】 知人がポールダンスをしていることを知り、とりあえずレッスンだけでも受けてみよう、と。そうしたら、とても楽しくて。バレエと新体操をしていたので体幹が強く、柔軟性もあったので、初心者にしては上手いと褒められて「これはイイ線行くかも!」と、調子にのってしまったんです(笑)。次第に、あの技もこの技もと欲がでてきて、気がついたら「ポールダンサーになる」という新たな目標ができていました。
――2015年に開催されたポールダンスの大会「ミス・ポールダンスジャパン大会」では、競技を始めて3年目にして見事優勝されています。

【坂井絢香】 2013年からアクロバットミュージカル『サムライ・ロック・オーケストラ』に出演しているのですが、まわりの出演者はみんな、金メダリストや銀メダリストなど、実績のあるアスリートばかり。それがコンプレックスで、私にも誇れるものが欲しかった。だから、なんとしても結果を残そうと、大会に挑みました。
――ポールの上でバレエを踊っているような優雅な姿と、アクロバティツクな技々に魅了されました。

【坂井絢香】 ありがとうございます。「ミス・ポールダンスジャパン」に出場する選手は、ポールダンスのインストラクターなど同業種の中でも有名な存在がほとんど。無名の私が勝つためには、得意のバレエを生かすしかないと考えました。振り付けにバレエの要素を取り入れるなど、徹底して戦略を練りました。ポールダンスの世界では他に誰もしたことのないダンスが新鮮で、優勝することができたんだと思います。優勝が決まった瞬間、これまでのバレエ人生が報われた気がしました。

チャンスを与えてくれたポールダンスの世界 いつか日本代表コーチに

――バレエが坂井さんの大きな強みになったのですね。その他に競技においてどんな表現を意識していますか?

【坂井絢香】 ポールダンスは、肌の摩擦を利用して、ポールの上で体を止まらせています。肌を露出している方が有利なので、必然的に面積の小さい衣裳となり、セクシーさが際立ってしまいます。私はポールダンスをスポーツとして広めたいと思っているので、露出の多い衣裳でもいかにカッコよく見せるかがテーマです。ポールダンス特有の妖艶さは大切にしながらも、力強い技や振り付けを取り入れるようにしています。
――ポールダンスのスポーツ化は、業界でも取り組みが進んでいますね。2013年に日本ポールスポーツ協会が発足し、ポールダンスが将来オリンピック競技になることも考えられています。

【坂井絢香】 近い将来、そんな日が来ることを願っています。実は今、それを見据えてポールダンスの規定を勉強している最中です。ミュージカルダンサー、バレエダンサーとして“舞台の上で輝く”という夢を絶たれた私に、もう一度、舞台上で輝くチャンスを与えてくれたポールダンス界への恩返しの意味も込めて、五輪日本代表のコーチとして従事できれば…と思っています。

――“ポールスポーツ”が五輪種目になる日も待ち遠しいですが、最近では、フィットネスの一環として楽しんでいる人も多いと聞きます。坂井さんの割れた腹筋、くびれたウエストを見ると、ポールダンスは確かにボディメイク効果がありそうですね。

【坂井絢香】 よく驚かれるんですが、実は私、ジムに通ったことがないんです。自重トレーニグも、気が向けば寝る前に腹筋を50回するぐらい。ポールダンスはとてもエネルギーを消費するので、ショーやレッスンの後に、ご飯やお肉を食べても、全く体重が変わらないんです。太ももの後ろの筋肉、ハムストリングスを使うのでお尻が垂れないし、脚も引き締まります。競技として真剣に取り組むと全体的に筋肉がつきボリュームのある体つきになりますが、軽度に楽しむ程度なら、全身の引き締めにつながると思います。

――現在、ポールダンススタジオのインストラクターにご自身のショーにと多忙な毎日だと思いますが、今後の目標を教えてください。

【坂井絢香】 ポールダンスはまだまだマイナーな競技で、トレーニングをする場所もショーを披露する場所も限られているので、いずれはトレーニングスタジオを作るのも目標です。ヨガもバレエもヒップホップもポールダンスも。私がこれまで経験したことを全部生かして、教え子をたくさん育てていくのが夢ですね。

インタビュー・文/宇治有美子 撮影/臼田洋一郎

INFORMATION

◆坂井絢香出演情報
『マッスルファンタジー オズの魔法使い 川崎公演』
日時:2018年12月24日(月・祝)
会場:川崎市総合福祉センター
主催・企画:(株)サムライ・ロック・オーケストラ

【お問い合わせ先】
サムライ・ロック・オーケストラ公式ホームページ
SRO運営事務局 (03-5738-5438/平日 11:00〜18:00 土日祝休)

PROFILE
坂井絢香(さかい あやか) クラシックバレエ、新体操、ヨガの経験と、身体能力を生かして、ポールダンサーとしてショーなどに出演。2015年「ミス・ポールダンスジャパン大会で優勝、2018年にはアジアチャンピオンを決める「Asia Pole Champion Cup」で準優勝を果たす。2013年よりサムライ・ロック・オーケストラに出演。現在、「TRANSFORM」でインストラクターを務める。

シェア Google+

関連リンク

おすすめコンテンツ


P R