ホーム メイク・コスメ・スキンケア > 【詐欺メイク】eggモデルきぃりぷが教える芸術的”計算メイク”を大公開

【詐欺メイク】eggモデルきぃりぷが教える芸術的”計算メイク”を大公開

【詐欺メイク】eggモデルきぃりぷが教える芸術的”計算メイク”を大公開
 メイクのテクニックですっぴんからまるで別人のように変身できる”詐欺メイク”。その元祖ともいえるギャルメイクが、今再びSNSやYouTubeなどの動画サイトで注目を集めている。ギャル全盛期の時代から約20年を経て進化した現代のギャルメイクとは? 雑誌からプラットフォームをwebに変えて復活したギャルのバイブル『egg』で、半年前にモデルデビューしたばかりの17歳のギャルモデルきぃりぷさんに、黒ギャルメイクをアレンジした最新”きぃりぷメイク”を披露してもらった。

【詐欺メイク】きぃりぷの「”芸術的計算”ギャルメイク」フォトギャラリー

  • すっぴん
  • カラーコンタクトを入れる
  • ラヴェール「aqua rich イノセントアッシュ」
  • 保湿クリームをつける(化粧水・乳液を兼ねる)
  • アンブリオリス「アンブリオリス モイスチャークリーム」
  • 二重をつくる
  • DAISO「のび〜るアイテープ」

>> Photo Galleryをもっと見る

2018年にweb版として復活した『egg』で活躍中!

 2018年にweb版として復活したギャルのバイブル『egg』で活躍中の17歳現役女子高生モデルきぃりぷさん。懐かしいけどどこか洗練された印象を与える黒ギャルメイクが話題となり、YouTube『eggちゃんねる』で11月に公開されたメイク動画は18万回再生を超えている。彼女のメイクは90年代のギャル全盛期に流行した黒ギャルメイクを踏襲しつつ、ハイライト、ローライトをプラスすることで、現代らしさを出しているのだそう。撮影の2日前につけたばかりのカラフルなエクステによく似合う2018年最新”きぃりぷメイク”を、【詐欺メイク】特集初の”半顔メイク”で教えてもらった。

★きぃりぷさんのインタビュー記事はこちら

今旬ギャルの芸術的”計算メイク”のプロセスとは?

ベース1

【STEP1】カラコンを入れる
ラヴェール「aqua rich イノセントアッシュ」を 両目に入れる。
【STEP2】保湿クリームをつける
化粧水も兼ねたアンブリオリス「アンブリオリス モイスチャークリーム」をまぶた以外の顔全体にしっかりとのばす。この後に装着するアイテープがつきにくくなるため、まぶたは避ける。

アイメイク1

【STEP1】二重をつくる
DAISO「のび〜るアイテープ」を目尻から目と眉の中央に向かって斜めの位置に2枚ずつ貼り、大きめの二重をつくる。1枚目で好みの形をふんわりと作り、2枚目で伸ばすイメージでくっきりさせる。この段階では不自然に見えても、つけまつげをつけると馴染むので気にしない。
【STEP2】つけまつげに接着剤をつける
つけまつげにSHO-BI「デコラティブアイラッシュ」を付けて少し乾かしておく。装着した際にしっかりと上向きになるよう、糊はつけまつげの根本の上側に付ける。
【STEP3】アイラインをひく
メイベリン「ハイパータイト ライナー BK-1 ブラック」でまぶたの際に太めにアイラインをひく。目尻は長めに描き、切れ長に仕上げる。

ベース2

【STEP1】下地をつける
イヴ・サンローラン「ラディアント タッチ ブラープライマー オレンジ」を顔全体にのばす。
【STEP2】リキッドファンデーションをつける
レブロン「カラーステイ メイクアップ 370」顔全体に均等になるよう点でのせていき、ブラシを使ってのばす。ブラシを使うことで、先に塗ったクリームなどともよく混じり均等にのびる。ここでブラシを使うのが今どきのギャル流!
【STEP3】パウダーファンデーションをつける
明るめファンデのレブロン「カラーステイ UV パウダー ファンデーション BEIGE OCHRE 20」を重ねてベタつきとムラを防ぐ。

アイメイク2

【STEP1】白のアイシャドーをいれる
資生堂「マジョリカマジョルカ ジュエリングペンシル WT909」で下まぶたの際にアイラインをひき、さらに上まぶたの目頭から1cmほどの二重線の間にも白のアイラインをひく。
【STEP2】アイシャドーをのせる
ブロンズブースター「ハイライト&コンツアーパレット SHIMMER」を筆にとり、アイホール全体にアイシャドーを広げる。
【STEP3】白のアイシャドーをいれる
エクセル「シマリングシャドウ シュガーホワイト」を綿棒にとり、二重線とアイラインの間を白く塗り埋めていく。下まぶたも目頭から3分の2くらいの位置まで塗る。白のアイシャドーをいれることで、つけまつげで隠れてしまう二重幅を強調できる。
【STEP4】つけまつげをつける
上まつげの付け根にSHO-BI「デコラティブアイラッシュ」を直接塗り、つけまつげを装着する。きぃりぷさんが使用しているつけまつげは100均一とダイヤモンドラッシュ「ドーリーeye」の2種類のつけまつげを自身で組み合わせたカスタムツケマ。つける前にくるりとねじってクセをつけることで、しっかりとした上向きのまつげになる。
【STEP5】アイラインで隙間を埋める
Msh「Love Liner Liquid」でつけまつげの付け根を埋めていく。
【STEP6】アイシャドーを強調する
メイベリン「コントゥア パレット S01」のブラウンを筆にとり、白いアイシャドーの外側に沿って輪郭をつけていく。白いシャドーが散ってしまったときもフォローできる。
【STEP7】アイラインで隙間を埋める
リキッドアイライナーのMsh「Love Liner Liquid」で目尻にラインを入れる。やや上向きのつり目気味に。
【STEP8】下まぶたにアイラインを入れる
ペンシルアイライナーのビボ「アイフル アイライナーA ブラック」で下まぶたにアイラインを描き、リキッドアイライナーのMsh「Love Liner Liquid」でさらに線をなぞる。下まぶたのラインはタレ目気味に見せるため、目尻側を実際よりも膨らみをもたせて描く。
【STEP9】下まつげにつけまつげをつける
アイラインに沿って目の下につけまつげをつける。上まつげ用を使うとバサバサのまつげに。
【STEP10】切開ラインを描く
リキッドアイライナーのMsh「Love Liner Liquid」で切開ラインを描き、さらにつけまつげのつけ際をなぞってつけまつげにのってしまったアイシャドーを隠して自然につなげる。自分の目頭の幅を目指して太くしていくのがポイント。
【STEP11】ゴールドのアイシャドーを入れる
シャネル「レ キャトル オンブル オール ヴィオリーヌ」のゴールドを二重と眉の間に塗り広げる。
【STEP12】アイシャドーにラメを重ねる
MAC「シャイニー プリティ シャドウ メイク ア ウィシュ」を少し指にとり、テープの上のまぶたにのせる。
【STEP13】さらにラメを盛る
ブロンズブースター「ハイライト&コンツアーパレット SHIMMER」を指にとり、【STEP12】の上にさらにラメを重ねる。キラキラでモテを意識!
【STEP14】アイシャドーに輪郭をつける
眉ライナーのK-パレット「ラスティングツーウェイアイブロウリキッド 02」で【STEP6】のブラウンのシャドーに輪郭をつける。
【STEP15】眉を描く
ケイト「デザイニングアイブロウN ブラウン系」で眉をふんわり薄く描いたあと、ビボ「アイフル マユズミ ライトブラウン」でしっかりと描く。
【STEP16】アイブロウパウダーをのせる
エクセル「スタイリング パウダー アイブロウ ライトブラウン」の黄色のパウダーを筆にとって眉をなぞってなじませる。さらに薄いベージュのパウダーをのせる。
【STEP17】眉マスカラをつける
眉マスカラのアイクラウン「ブローイングショーベージュ」をつける。毛流れに沿って眉全体にしっかりと塗る。

ハイライト&シェーディング1

【STEP1】シェーディングする
ステイマット「ノットフラット パウダーファンデーション 18.3」をブラシにとり、顔の輪郭に沿ってシェーディングしていく。
【STEP2】ハイライトを入れる
KATEの一番明るいファンデーション「シークレットスキンメイカーゼロ 00」をスポンジにとり、Tゾーンと鼻まわり、顎にハイライトをいれる。

アイメイク3

【STEP1】眉マスカラで色付け
髪色に合わせて金色の眉マスカラ・ヴィセ「カラーリング アイブロウマスカラ BR-1」をしっかりとのせて色付けする。
【STEP2】眉に輪郭をつける
K-パレット「ラスティングツーウェイアイブロウリキッド 02」で眉を囲うように描き、キリッとさせる。これで眉はフィニッシュ。

ハイライト&シェーディング2

【STEP1】鼻筋にホワイトのラインを入れる
鼻筋と眉間の上、眉尻の下にuni「ポスカ 白」で点を描いていく。ダイソーの白のコンシーラー・エスポルール「コンシーラー&ハイライト パールホワイト」でポスカの点をつなぐように線を描き、塗り指で馴染ませる。
きぃりぷメイクに欠かせない限界コスメがこちらの「ポスカ 白」。ポスカは肌につける前に、キャップの内側にペン先を押し付けてインク出してから使うと手が汚れず◎。
【STEP2】ハイライトで馴染ませる
KATE「シークレットスキンメイカーゼロ 00」で【STEP1】で描いたラインを肌に馴染ませる。
【STEP3】鼻周りをシェーディングする
KATE「ブラウンシェードアイズN」を筆にとり、鼻筋のハイライトの両脇と鼻頭の左右にさっとのせて影を入れる。横を向きながら鼻筋を描くと綺麗に描ける。
【STEP4】ハイライトをいれる
LB「ベルベットチーク グロウハイライト」をブラシにとり、【STEP2】のハイライトをさっとなでる。さらに目の下にもふんわりとのせていく。
【STEP5】さらにハイライトをいれる
MAC「エクストラ ディメンション スキンフィニッシュ ソフト フロスト」を大きめの筆にとり、頬を強めに、残りを額、顎、鼻下にのせる。さらに、指に多めにとり、鼻頭につける。時間が経っても鼻筋が通った印象に。
【STEP6】ゴールドのローライトをいれる
The Balm「Betty-Lou Manizer Aka ”The Bronzing Bandit”」のゴールドのローライトを大きめの筆にとり、頬骨のトップから口角に向かっていれる。明るいハイライターは鼻先にめがけて、ローライトは唇に向かって塗ると綺麗にできる。
【STEP7】チークをいれる
シュウ ウエムラ「ブレスド アイシャドー M オレンジ 250」のオレンジのパウダーを筆にとり、頬骨に沿ってチークをいれる。
【STEP8】ラメをいれる
ヴィセ「アヴァン シングルアイカラー 001」の白いラメをブラシにとって、目頭の下から鼻の横に沿って「く」の字に入れる。
【STEP9】ベース仕上げ
バランスを見ながらKATE「シークレットスキンメイカーゼロ 00」で全体の濃淡を微調整する。

口もと

【STEP1】唇の下にシャドーを入れる
唇の下に濃いめのシャドーを入れる。さらにチップで口角の線を伸ばして描き、口を大きく見せる。
【STEP2】リップを塗る
ディオール アディクト「リップ マキシマイザー 006」をMAC「リップスティック フロスティング」の白リップと混ぜて唇全体に塗る。混ぜることでムラになりにくく、持ちが良くなる効果も。
【STEP3】リップを重ねる
NYX「バターグロス PEANUT BRITTLE」のベージュのリップを唇の中央を中心に塗り、口もとのメイクを仕上げる。

仕上げ

【STEP1】ホクロを描く
リキッドアイライナーのMsh「Love Liner Liquid」で目尻に”泣きボクロ”と口もとに”艶ボクロ”を描く。

完成!

【詐欺メイク】きぃりぷの「”芸術的計算”ギャルメイク」フォトギャラリー

  • すっぴん
  • カラーコンタクトを入れる
  • ラヴェール「aqua rich イノセントアッシュ」
  • 保湿クリームをつける(化粧水・乳液を兼ねる)
  • アンブリオリス「アンブリオリス モイスチャークリーム」
  • 二重をつくる
  • DAISO「のび〜るアイテープ」

>> Photo Galleryをもっと見る

【初公開】きぃりぷの毎日メイク☆2018【ギャルメイク】

【GALメイク】究極のデカ目!!つけまつげ5枚カスタムの仕方伝授☆

シェア Google+

関連リンク

おすすめコンテンツ


P R
蠖ケ遶九▽シ∽スソ縺医kシ√♀縺吶☆繧∵ュ蝣ア貅霈俄飭 譏・縺ョ譁ー逕滓エサ縲悟ソ懈抄縲咲音髮 2019