ホーム グルメ > もはや“おかず握り”?フォロワー17万人、母の愛から生まれた「ごちそうおにぎり」が話題 

もはや“おかず握り”?フォロワー17万人、母の愛から生まれた「ごちそうおにぎり」が話題 

もはや“おかず握り”?フォロワー17万人、母の愛から生まれた「ごちそうおにぎり」が話題 
 昨年から日本の伝統的ソウルフード、おにぎりが再注目されている。ローソン「悪魔のおにぎり」が販売累計1000万個を突破し、レストランの格付け本『ミシュランガイド』には、おにぎり専門店が初掲載された。そんな中、SNS上で「おにぎりの概念が180度変わった」と、絶賛されているのが保育士のTesshiさんが作る「ごちそうおにぎり」だ。色とりどりのこぼれんばかりの具材で、握り飯というより、もはや“おかず握り”。斬新なビジュアルと味わいで17万人のフォロワーを虜にする最新おにぎりとは?

人気クッキングラマーTesshiさんの「ごちそうおにぎり」

  • 【豚生姜焼き梅干し青のりでおにぎり】写真/Tesshi
  • 【キムチ大葉チーズで焼きおにぎり】写真/Tesshi
  • 【炙り明太子と高菜のおにぎり】写真/Tesshi
  • 【梅干しとオクラおかか和えでおにぎり】写真/Tesshi
  • 【スペアリブと大葉でおにぎり】写真/Tesshi
  • 【たまごとえびとマヨしょうゆの酢飯おにぎり】写真/Tesshi
  • 【鮭とブロッコリーの茎でおにぎり】写真/Tesshi
  • 【おかか菜っぱと炙り明太子でおにぎり】写真/Tesshi
  • 【キムチとチーズで焼きおにぎり】写真/Tesshi
  • 【生ハム大葉クリームチーズの酢飯おにぎり】写真/Tesshi

>> Photo Galleryをもっと見る

ごちそうおにぎりで「自分の時間を有効に使えるように」

――圧倒的なインパクトと斬新な具材の組み合わせが話題の「ごちそうおにぎり」ですが、どのような経緯で生まれたのでしょうか?

【Tesshi】 始めたのは約8年前です。当時高校3年生、受験生になった長男に、「お弁当を食べる時間がないから、おにぎりだけでいい」と言われました。かといってなんだか栄養不足が心配になり、それならおかずをごはんに混ぜ込んで握ってしまえ!… そこからですね。

――まさに、おかずとご飯が一体になった究極の携行食ですね。息子さんの反応はいかがでしたか?

【Tesshi】 何の反応もありませんでしたが、文句を言われなかったので、一応合格だったんですかね(笑)。

――「ごちそうおにぎり」の発明でTesshiさんにもメリットがあったとか。

【Tesshi】 夫は以前から毎日おにぎりを持って出勤していたので、全員のお弁当が「ごちそうおにぎり」で済むようになり、時短になって自分の時間を有効に使えるようになりました。

上手に作るコツは「小さめサイズで作ること」

――これまで周囲から反響があったのはどんな「ごちそうおにぎり」でしょうか?

【Tesshi】 酢飯で作るごちそうおにぎりです。具材にハンバーグ、生ハム、マヨチーズなどを使っていますが、これは近所の回転寿司からヒントを得ました。

――酢飯に生ハム!斬新ですね。ご家族から好評なのは…?

【Tesshi】 王道の鮭を使ったごちそうおにぎりは家族にどれも好評で、その中でも特に夫は、鮭と天かすのごちそうおにぎりが好きらしいです。

――Tesshiさんに習って、SNS上にはたくさんの「ごちそうおにぎり」の投稿が見られますが、上手に作るコツはありますか?

【Tesshi】 小さめサイズで作った方がまとまりやすいような気がします。それでも私も今でも、具をおいしそうに美しく外側に見せるのは苦労しています。偶然うまく外側に見せることができた時は、ひとりで「おおぉ!」って叫んでいます。

次のおにぎりはキャラ弁ならぬ「キャラごち」?

――2017年4月に初の著書を出版され、今年の1月9日にはNHK総合『あさイチ』でもおにぎりの最新トレンドとして紹介されました。その後の反響はいかがでしたか?

【Tesshi】 「早速ごちそうおにぎり作りました!」「美味しかったです!」など、今でもたくさんの温かいコメントをいただきます。本当にありがたいです。

――今後も斬新でおいしいアイディアを楽しみにしています! 最後に、ごちそうおにぎりの魅力と今後の展望を教えてください。

【Tesshi】 魅力は、どこをかじっても具に当たるところですかね。今後はキャラ弁ならぬキャラごちでも作ってみようかな(笑)

INFORMATION
◆Instagram (@tmytsm) 

PROFILE
Tesshi フォロワー17万人を抱える人気クッキングラマー。著書に『主役は、ごちそうおにぎり つまみにポテサラ、シメのホットサンド』(KADOKAWA)がある。

シェア Google+

関連リンク

おすすめコンテンツ


P R