ホーム 子育て > 『愛のようなものを写真に収めてしまった…』“大好物”に歓喜する兄弟に反響「こっちまで笑顔になる」

『愛のようなものを写真に収めてしまった…』“大好物”に歓喜する兄弟に反響「こっちまで笑顔になる」

 「神様…わたし、いま愛のようなものを写真に収めてしまったかもしれません…」そうつぶやく母が撮ったのは、アイスクリームに興奮する2人の息子を捉えた写真。SNS上で12万いいねを超える反響があり、「こっちまで笑顔になる」「愛があふれてる」「幸せな気持ちになりました」などのコメントが寄せられた。性格が正反対だという6歳と4歳の兄弟の仲睦まじい日常を聞いた。

6歳の“生まれて初めての経験”から生まれたナイスショット「今までにない大興奮だった」

――お子さん2人がアイスを食べる写真に大きな反響がありましたが、この写真を撮ろうと思われたのはなぜですか。

子どもたちの表情が面白くて、普段から1日に何十枚も彼らの写真を撮っています。特にこの日、ポテトチップスにアイスを乗せたのが初めてだったようで、初めから今までにない大興奮だったので、スマホを急いで持ってきて20枚くらい連写しました。撮ってる最中から、これはさすがにいいショット…と思いました。

――お子さんのそれぞれの性格を教えてください。

2人はもう何もかも正反対です。長男は右利き、頑固、神経質ですが、次男は、左利き、楽観的、あらゆることを気にしない性格です。長男は新しいことにチャレンジするのが苦手、高いところに登るのが苦手、記憶力が良すぎて一度通った道は忘れないし、1歳のときに行った場所の話をするほど。対して次男は、あたらしいことにチャレンジするのが好き、高いところに登るのが好き、記憶はたぶんすぐ消えてますね(笑)。ゲーム等でも長男は上手くクリアできないと暴れ回るほどの負けず嫌いですが、次男は負けてもあまり気にしないようです。
――面白いほど真逆ですね。

そうですね。長男はお笑い芸人になるのが夢ですが、次男はアイドル気質なところがあります。長男は、幼い頃から太く垂れた眉で味のある顔をしているせいか、お年寄りなどにかなり人気です。知らないおじいさんに「この子の顔は、得するよ!」と言われ去られたこともあります(笑)。次男は、とにかく昔から愛嬌が良すぎて、すれ違う人に突然かわいいと言われるタイプです。1歳半のとき、20席くらいあるカフェで愛嬌を振りまきすぎて、矢継ぎ早に他のお客さんに呼ばれて膝に乗せられていたこともありました(笑)。さらにそのお客さんと一緒に、私のスマホで自分で写真を撮りに行っていました。アイドル性強いです。

――全然性格が違うようですが、兄弟すごく仲良さそうですよね。

1日中ママを取り合って喧嘩していますね(笑)。でも、戦いごっこや警察ごっこなど、ごっこ遊びが始まると一緒に熱中になっています。次男は長男に憧れすぎていて、真似ばっかりしています。ただ、次男は怒ると凶暴なので、最近は長男が次男にいろいろなものを譲ってくれています。

1 2 >

シェア

関連リンク

おすすめコンテンツ


P R