ホーム ダイエット・ボディケア > 「ぷよぷよの二の腕を引き締める」ために!プロが教える二の腕筋トレ方法

「ぷよぷよの二の腕を引き締める」ために!プロが教える二の腕筋トレ方法

ぷよぷよした二の腕は女性の敵。しかし、毎週ジムに通って、きついトレーニングを続けるのはなかなか続かないもの…。

そこで今回は、お家で簡単にできる「ぷよぷよの二の腕を引き締める」方法を、五輪選手はじめ、プロアスリート、俳優、バレエダンサーらを中心に指導しているピラティスの専門家・Miyuu先生に効果的なトレーニング方法を、徹底的に教えてもらった。

二の腕がぷよぷよになる原因は?

二の腕がぷよぷよになってしまうのは、日々の生活の中で体を重力に任せた状態になり、体のサイドラインとバックラインが劣化しているのが原因。まずは適度な運動をしたり、骨の並びを整えるエクササイズを行いながら、脇腹や背中を意識して、前後左右の体の長さを揃えるイメージを持つと良い。

ピラティスとは?

科学的・医学的根拠に基づいた動きで、体幹やインナーマッスルを鍛え、機能美を追求するエクササイズ。ヨガが副交感神経に働きかけるのに対し、ピラティスの呼吸は交感神経に働きかけるため、血行促進や脂肪燃焼を促進する効果も。インナーマッスルを鍛えることで新陳代謝が高まり、太りにくい体が目指せる。

【トレーニング編】引き締まった二の腕にするための主なトレーニング

【No.1】ローリング

背骨に働きかけ、体幹と肩を安定させるエクササイズ。丸くなって、ゆりかごのようにゴロンゴロンと転がり背骨をマッサージする。
[1]膝を立てた状態で脚を上げお尻で立つ。肘を開いて手のひらを脛にあて、背中を軽く丸める。目線はおへそに向ける。

[1]膝を立てた状態で脚を上げお尻で立つ。肘を開いて手のひらを脛にあて、背中を軽く丸める。目線はおへそに向ける。

[2]そのまま後方に転がり、[1]のポジションに戻る。一連の動きを流れるように行う。

[2]そのまま後方に転がり、[1]のポジションに戻る。一連の動きを流れるように行う。

[1]膝を立てた状態で脚を上げお尻で立つ。肘を開いて手のひらを脛にあて、背中を軽く丸める。目線はおへそに向ける。
[2]そのまま後方に転がり、[1]のポジションに戻る。一連の動きを流れるように行う。

[ポイント]
手は組まずに手のひらで脛を押し合うイメージで。脚は閉じ、肘は真横に開いてバランスを保つ。

【No.2】バックエクステンション

背伸筋を強化するエクササイズ。腕も力を抜かず意識を保つことで、二の腕にも働きかける。
[1]真っ直ぐうつ伏せになり、手を腿に沿って真っ直ぐに伸ばす。

[1]真っ直ぐうつ伏せになり、手を腿に沿って真っ直ぐに伸ばす。

[2]呼吸しながらゆっくりと、おでこをつけた状態から鼻先でビー玉を転がすように自然と胸が上がる位置まで上体をあげ、再びゆっくりと[1]のポジションに戻す。腹筋で支えることを意識しながら行う。

[2]呼吸しながらゆっくりと、おでこをつけた状態から鼻先でビー玉を転がすように自然と胸が上がる位置まで上体をあげ、再びゆっくりと[1]のポジションに戻す。腹筋で支えることを意識しながら行う。

[1]真っ直ぐうつ伏せになり、手を腿に沿って真っ直ぐに伸ばす。
[2]呼吸しながらゆっくりと、おでこをつけた状態から鼻先でビー玉を転がすように自然と胸が上がる位置まで上体をあげ、再びゆっくりと[1]のポジションに戻す。腹筋で支えることを意識しながら行う。

[ポイント]
脇をしっかりと締め、手が床につかないようにする。また、手で腿を掴まないようにして、指先は足に向かってピンと伸ばし続ける。

【No.3】レストポーズ

リラクゼーションと腰椎のストレッチを行うエクササイズ。ヨガのチャイルドポーズのようなポジションで、手のひらで床を押して二の腕の筋肉にも働きかける。
[1]正座した状態から手を前方に真っ直ぐ伸ばし、額を床につける。 その状態で、手のひらで床を押しながら呼吸し続ける。

[1]正座した状態から手を前方に真っ直ぐ伸ばし、額を床につける。 その状態で、手のひらで床を押しながら呼吸し続ける。

[1]正座した状態から手を前方に真っ直ぐ伸ばし、額を床につける。 その状態で、手のひらで床を押しながら呼吸し続ける。

[ポイント]
腕はだらっとさせず、脇がしっかりと伸びていることを意識する。

【No.4】ダブルレッグストレッチ

腕の大きな動きと脚の動きを同時に行い、腹筋の強化と体幹の安定を目指すストレッチ。腕の付け根だけでなく骨盤や胸骨からの繋がりを意識して、体全体を使う。
[1]仰向けになり、脚を上げて膝を直角に曲げる。腕を伸ばして手のひらは膝に添えるだけ。

[1]仰向けになり、脚を上げて膝を直角に曲げる。腕を伸ばして手のひらは膝に添えるだけ。

[2]脚を斜め前に伸ばしながら、腕を羽ばたくように頭上から体の真横に向かって大きく回して[1]のポジションに戻る。

[2]脚を斜め前に伸ばしながら、腕を羽ばたくように頭上から体の真横に向かって大きく回して[1]のポジションに戻る。

[1]仰向けになり、脚を上げて膝を直角に曲げる。腕を伸ばして手のひらは膝に添えるだけ。
[2]脚を斜め前に伸ばしながら、腕を羽ばたくように頭上から体の真横に向かって大きく回して[1]のポジションに戻る。

[ポイント]
腕を大きく、遠くを通って戻すイメージで行う。腕の付け根だけの動きではなく、骨盤、胸骨・胸椎から動かすことを意識する。

【No.5】シングルレッグストレッチ

ダブルレッグストレッチを片脚ずつ行い、腹筋の強化と体幹の安定を目指すエクササイズ。腕を重力に逆らってしっかりと伸ばして腹斜筋から二の腕の筋肉までを刺激する。
[1]仰向けになり、脚を上げて膝を直角に曲げる。腕を伸ばして手で膝に触れる。頭、肩を床につけない。

[1]仰向けになり、脚を上げて膝を直角に曲げる。腕を伸ばして手で膝に触れる。頭、肩を床につけない。

[2]呼吸をしながら片脚を斜め前に伸ばし、曲げている脚の膝に両手を添える。これを左右交互に繰り返す。

[2]呼吸をしながら片脚を斜め前に伸ばし、曲げている脚の膝に両手を添える。これを左右交互に繰り返す。

[1]仰向けになり、脚を上げて膝を直角に曲げる。腕を伸ばして手で膝に触れる。頭、肩を床につけない。
[2]呼吸をしながら片脚を斜め前に伸ばし、曲げている脚の膝に両手を添える。これを左右交互に繰り返す。

[ポイント]
肩や肩甲骨が落ち込まないよう、腕は重力の向きに逆らって斜めに伸ばすことを意識する。

【No.6】スパインツイスト

腹斜筋、背伸筋を強化し、体幹の流動性を高める座位のエクササイズ。骨盤を固定して、腹斜筋や背伸筋を意識的に動かす。二の腕は床と平行を保ち、筋肉を刺激する。
[1]脚を揃えて座り、腕を肩の高さでT字に伸ばす。手のひらを上に向ける。物や人に当たる場合は、肘を直角に曲げて指先を上に向ける。

[1]脚を揃えて座り、腕を肩の高さでT字に伸ばす。手のひらを上に向ける。物や人に当たる場合は、肘を直角に曲げて指先を上に向ける。

[2]骨盤や脚が動かないように安定させ、呼吸をしつつ目線でガイドしながら背骨の捻転させる。

[2]骨盤や脚が動かないように安定させ、呼吸をしつつ目線でガイドしながら背骨の捻転させる。

[1]脚を揃えて座り、腕を肩の高さでT字に伸ばす。手のひらを上に向ける。物や人に当たる場合は、肘を直角に曲げて指先を上に向ける。
[2]骨盤や脚が動かないように安定させ、呼吸をしつつ目線でガイドしながら背骨の捻転させる。

【No.7】フロントサポート

体幹や肩を安定させ、全身を統合するストレッチ。肩甲骨を落とさずに、頭から足先までを真っ直ぐ伸ばすことを意識する。
[1]腕を立てて肩幅に開き、脚を真っ直ぐ伸ばしてつま先立ちする(腕立て伏せのスタートポジション)。手首は肩の真下におき、手首に体重をかけないように気をつける。

[1]腕を立てて肩幅に開き、脚を真っ直ぐ伸ばしてつま先立ちする(腕立て伏せのスタートポジション)。手首は肩の真下におき、手首に体重をかけないように気をつける。

[2]呼吸をしながら片方の膝を曲げて床につける。これを左右繰り返す。

[2]呼吸をしながら片方の膝を曲げて床につける。これを左右繰り返す。

[1]腕を立てて肩幅に開き、脚を真っ直ぐ伸ばしてつま先立ちする(腕立て伏せのスタートポジション)。手首は肩の真下におき、手首に体重をかけないように気をつける。
[2]呼吸をしながら片方の膝を曲げて床につける。これを左右繰り返す。

【No.8】バックサポート

フロントサポートを仰向けの体勢で行うストレッチ。体幹の安定と肩の伸筋強化、股伸筋の強化を目指す。
[1]仰向けの体勢で両手のひらを逆手か横に向けて床につき、脚を真っ直ぐに伸ばして足の裏をつけるように近づける。手のひらとかかとで体を支える。

[1]仰向けの体勢で両手のひらを逆手か横に向けて床につき、脚を真っ直ぐに伸ばして足の裏をつけるように近づける。手のひらとかかとで体を支える。

[2]呼吸しながらお尻を床につけ、[1]のポジションに戻る。脚は伸ばしたままをキープする。背骨はまっすぐにして動かさない。

[2]呼吸しながらお尻を床につけ、[1]のポジションに戻る。脚は伸ばしたままをキープする。背骨はまっすぐにして動かさない。

[1]仰向けの体勢で両手のひらを逆手か横に向けて床につき、脚を真っ直ぐに伸ばして足の裏をつけるように近づける。手のひらとかかとで体を支える。
[2]呼吸しながらお尻を床につけ、[1]のポジションに戻る。脚は伸ばしたままをキープする。背骨はまっすぐにして動かさない。

【No.9】ロッキングプレップ

背伸筋、股関節伸筋を強化し。股関節屈筋の柔軟性を高めるストレッチ。腕の力を使わず、足の甲で手のひらを押して上体を反らすことを意識する。
[1]うつ伏せになり、膝を曲げて左右の手のひらに足の甲を添える。膝は軽く開いておく。

[1]うつ伏せになり、膝を曲げて左右の手のひらに足の甲を添える。膝は軽く開いておく。

[2]息を吐きながら膝を広げて脚を上げ、足の甲で手のひらを押し上体を起こす。息を吸いながら[1]のポジションに戻る。

[2]息を吐きながら膝を広げて脚を上げ、足の甲で手のひらを押し上体を起こす。息を吸いながら[1]のポジションに戻る。

[1]うつ伏せになり、膝を曲げて左右の手のひらに足の甲を添える。膝は軽く開いておく。
[2]息を吐きながら膝を広げて脚を上げ、足の甲で手のひらを押し上体を起こす。息を吸いながら[1]のポジションに戻る。

引き締まった二の腕にするための筋トレの頻度は?

時間がないときは1種目だけでも良いので、毎日継続することを心がける。それぞれ6〜8回ずつ行うのが理想。回数を多くこなしたからといって効果が上がるわけではないので、多くても10回以内におさめ、1回ごとの動きの質を高める。

まとめ

体は全部繋がっているので、二の腕を引き締めたいときもパーツだけでなく体全体を強化することが大切。重力にまかせて体をダラけさせるのではなく、常に重力に逆らっている意識を持ちながらエクササイズを行うとより効果的だ。

監修:Miyuu先生

五輪選手はじめ、12種目のプロアスリート、俳優、バレエダンサーを中心に指導。妊活・産前産後の骨盤調整、背骨の流動性、操作性、免疫力、抗酸化力向上など、身体だけでなく、フェイシャルエステ・ボディエステの資格も保有。

資格:BASI Pilates認定インストラクター、マスターストレッチ指導、運動指導士、健康指導士、栄養管理士、アスリートフードマイスター他
活動概要:マンツーマン指導、イベントのみ集団指導(企業・学校)、セミナー講師(運動・栄養)

◆Instagram
シェア

関連リンク

おすすめコンテンツ


P R