ホーム ペット > 「これは立派、収穫したい…」畑に実った柴犬が話題、ふかふかな土が犬の特等席に

「これは立派、収穫したい…」畑に実った柴犬が話題、ふかふかな土が犬の特等席に

 収穫の秋…畑を見てみると、なんと“柴犬”が実っていた? そんな写真投稿がツイッターで話題に。「うちの畑に丸々とした柴が実りました。収穫したい人どうぞ」というツイートには、「これは立派な柴犬、収穫したい」「実りの秋、最高ですね」「大きく育ちましたね…」と反響。写真の柴犬は、ポテちゃん(4歳)で飼い主さんの畑がお気に入りの遊び場になっているという。投稿への反響やポテちゃんとの暮らしについて、飼い主さん(@pote32jp)に聞いた。

【写真】畑に実った? 柴犬・ポテちゃんフォトギャラリー

  • 畑に柴犬が実った? 自由に遊ぶポテちゃん
  • 畑に柴犬が実った? 自由に遊ぶポテちゃん
  • 畑に柴犬が実った? 自由に遊ぶポテちゃん
  • 畑に柴犬が実った? 自由に遊ぶポテちゃん
  • 畑に柴犬が実った? 自由に遊ぶポテちゃん
  • 畑に柴犬が実った? 自由に遊ぶポテちゃん
  • 畑に柴犬が実った? 自由に遊ぶポテちゃん
  • 畑に柴犬が実った? 自由に遊ぶポテちゃん
  • 畑に柴犬が実った? 自由に遊ぶポテちゃん
  • 畑に柴犬が実った? 自由に遊ぶポテちゃん

>> Photo Galleryをもっと見る

柴犬と畑が一体化「大きな作物みたいと思って、投稿しました」

――畑で撮影された写真には、様々な反響が。それらの反響について、あらためていかがですか?

【飼い主さん】うちでは日常の光景だったので、単純に反響の大きさに驚きました。ネットでは何がウケるかわからんもんだな…と(笑)。コメントも様々で、童話『大きなかぶ』になぞらえて「うんとこしょ、どっこいしょ。それでも柴は抜けません。」とか「もうそんな季節かぁ」みたいな感じで大喜利みたいになってたりして。見てくださった方が純粋に「自然と犬」のセットを楽しんでくださったのだと嬉しかったです。

――どのようにして、畑で写真を撮る流れになったのでしょうか?

【飼い主さん】この畑で趣味の家庭菜園をしているんですが、山が近いので鹿や猪などの対策に柵をつけていて、ポテにとってはフリーで遊べるいつもの遊び場なんです。畑に来ると、走り回って、穴を掘って、虫を追いかけ、寝たければ寝ます。この日も、一通りの探検を終えて気が済んだようで、日当たりがよく土がふかふかな今日の特等席を決めて、ずーっとここで寝ていました。私は冬に向けて野菜の種まきをしていたのですが、ポテが畑と一体化して、あまりに動かないので大きな作物みたいだなと思って、投稿しました。

――ポテちゃんが、おもいっきり体を土に擦り付けている動画もツイートで拝見しました。(汚れるけど)広い心で見守ってらっしゃるという飼い主さんの声も…(笑)。畑で過ごすポテちゃんの様子をどのように見ていますか?

【飼い主さん】もともと、キレイよりどろんこ、いい匂いよりクサいにおいが好きな子です。サロンに連れていってキレイにしてもらっても、すぐに畑で転げ回って汚してしまいます。犬といえど、サロンっていいお値段がするので、シャンプー後にすぐ泥んこになられた日には、正直、頭の上で千円札がヒラヒラと飛んでいくのが見えそうになりますが…(笑)。それはそれとして、ポテが楽しそうだしいいか、と思っています。皮膚の健康も考えると、ケアすることも大切だと思うので、思い切り遊んで、でも清潔に保つ。手間もお金もかかりますが、「シャンプーしたとこなのにまた汚して!!もう!!」なんて追いかけっこしてる、それさえ楽しいです。

「ポテと丁寧に向き合っていくことが、私たちの暮らしには欠かせないんです

――ポテちゃんは、飼い主さんから見てどのような性格ですか?
【飼い主さん】自由・マイペース・わがまま・がんこ・理に聡い(笑)。本当に「実は言葉わかってるでしょ!?」と思うほどに、賢いです。でも、言うことを従順に聞いてくれるとかじゃありません。都合の悪いことは、聞いてるくせに無視します(笑)。

――その性格を表すエピソードはありますか?
【飼い主さん】例えば、写真のときもポテは寝ていましたが、私は種まきをしていました。ポテの手前まで種をまいて「ポテちょっとそこどいてよ」と言うも、チラリと片目を開けるだけ、まったく動きません。「いま私が寝てるんでしょ、逆にママがあっちいってよ」って感じです。自分が帰りたくないときは、畑の端まで行って戻ってきません。「ポテー帰るよー!」と叫んでもチラッと見て無視。でも「おやつー」と言うと気付けば足元に戻ってきています(笑)。自分が遊びたければ寄っていくし、撫でてほしければすり寄るのに、気分じゃなければスルー。「自分がどうしたいのか」の通りに遊んでいます。こんな性格で生きられたらいいのになーと思いますけど、人間界じゃ難しいですよね。(笑)

――ポテちゃんのもっともかわいいと思ったところはどこですか?
【飼い主さん】足元にまとわりつくしぐさがとてもかわいいです。これをするときはだいたい3つ。お散歩中に遊んでほしくて足を止めたい時。雨の日に顔についた雨粒をズボンのすそに顔をこすって拭きたい時。それから不安になってるときです。普段の生活で物音や雷に不安になることは一切ないのですが、ドッグランなんかで、どうやって他のワンちゃんたちの輪に入っていいかわからないとき、困った顔で足元に来ます。でも「行っといで」と離れると、だんだん調子が出てきて、飼い主なんて眼中になく遊びだします。いつも無愛想なポテが、飼い主を必要としてくれているときのしぐさなので、嬉しいんですね。

――今後ポテちゃんとどのように過ごしていきたいですか?
【飼い主さん】ポテとのコミュニケーションは言葉を持ちません。でもだからこそ、言葉でコミュニケーションを取る以上に相手をよく見て、表情や動作からいろんなポテの気持ちを受け取ろうとしています。そうやって丁寧に向き合っていくことが私たちの暮らしには欠かせないんです。それから、ポテがうちに来てから欠かさず伝えるおやすみの言葉も。「ポテ、おやすみ、今日もありがとう。また明日ね」寝ているポテに、これは必ず毎日言います。一日一日、一緒にいれたことを純粋に喜びながら、楽しく、健康で、長生きすること、それが一番の目標です。

Twitter:Shiba-Pote.jpさん(@pote32jp)
シェア

関連リンク

おすすめコンテンツ


P R