ホーム 子育て > 幼稚園児が言った「なんか“ごろごろ”書いてあるやつ」の正体は? 子どもの斜め上の発想に16万いいね

幼稚園児が言った「なんか“ごろごろ”書いてあるやつ」の正体は? 子どもの斜め上の発想に16万いいね

 お母さんが子どもに郵便ポストを知っているか聞くと、「なんかごろごろ書いてあるやつ」と回答したTwitterの投稿に、多くのいいねがついた。このツイートには、コメント欄にも、フォワーからのおもしろエピソードが連なり大盛り上がり。じつは昨年もお子さんの自由研究がバズった経験のある投稿者のユトリヒヨさん。今回話題になった投稿のことやお子さんについて聞いた。

閉塞感のあるコロナ禍、どうでもいい話でニッコリできる時間を共有

――郵便ポストの投稿には、かなりの反響がありましたね。感想をお聞かせください。

ユトリヒヨなんとなく面白かったのでつぶやいてみたら、皆さんのかわいいエピソードに乗っかりながらどんどん拡がっていった感じです。一夜明けたら、見たこともない数字になっていて若干うろたえました。

――コメント欄には子どもの言い間違いや誤解エピソードが寄せられていて楽しかったです。 印象的だったコメントはありましたか?

ユトリヒヨどのエピソードも、小さいお友だちの発言が秀逸で面白かったです。特に「餃子お持ち帰り」のひらがな部分だけを拾って「おちり?」とつぶやいたのがおかしくて悶絶しました。新型コロナの影響で閉塞感のある世の中に、どうでもいい話ながらニッコリとできる時間を皆さんと共有できたことを、とてもうれしく思います。

――ご家族構成を教えてください。

ユトリヒヨ夫と私と小学生、園児の4人家族です。(ポストの発言が話題になった)次女は穏やかで律儀な、好きなことはお友だちと遊ぶことや先生のお手伝いをすること。長女は、のめり込むととことん極める性格で、好きなことは絵を描くこと、漫画や天体の本を読むことなど…。

――姉妹でも、好きなことは違うようですね。

ユトリヒヨ同じように育てているつもりですが、性格はかなり違っているのでおもしろい発見も多いです。
――昨年は、お姉ちゃんの「47都道府県の知事のマスクを調べる」イラストが話題になっていました。全都道府県の知事の顔とマスクを描く壮大な自由研究には、“とことん極める性格”が出ていましたね。

ユトリヒヨ長女は社会科やニュース、テレビが大好きで驚きの熱量でやり遂げていました。長女は、その後も知事がテレビや新聞に登場すると「あ、〇〇知事だ」とめざとくチェックしていて、河野大臣のオシャレなマスクにも毎度反応しています。

子どものサブじゃない“お母さん”に光を

――普段投稿されている「おかあ産業株式会社」も、とても面白いです。描き始めたきっかけを教えてください。

ユトリヒヨもともと仕事で、実用書のイラスト・マンガ・Webのイラストなど商用の絵を描く仕事をしているのですが、100%趣味のイラストを描く場所が欲しいと思いTwitterに投稿しました。

――元々絵を描くのは得意だったのですか?

ユトリヒヨ子どものころから絵を描くのが大好きでした。好きなことを職業にできるのは幸せなことだと思います。小学生の頃からノートに落書きばかりしていましたが、結果的に実を結んだような気がします。お子さんがノートに落書きばかりしていても、何がどうなるかわかりません。どうか叱らないであげてください(笑)。
――「おかあ産業株式会社」は問いと答えの2枚構成で、クイズのようでありながらハッとする答えや共感ができます。作品を描くうえで工夫していることはありますか?

ユトリヒヨ子育てジャンルのマンガやイラストだとどうしても子どもが主人公になりがちですが、私のTwitter上では「おかあさん」に焦点を当てて描くように意識しています。お母さん業をやっていると、どうしても子どものサブになる感が否めないので、何か起こったその時の「お母さん側」に光を当てたネタを描きたかったんです。

――お仕事と家事育児で忙しい毎日かと思います。「おかあ産業〜」のアイデアはいつ作り出していますか?

ユトリヒヨスマホのメモ帳に、気づいた時に記録しています。絵は描きためていないので、だいたいその日の昼頃に「このネタを描こうかな…」と仕事の合間に描く感じです。育児って“禅問答”みたい…と常々思っているので、問答形式が多いのかもしれません。

子どもと遊ぶときは大人も手抜きしない! がルール

――ユトリヒヨさんのツイートを見ていると、ペーパークラフトやテストなど、遊びを上手に子育てに取り入れている印象があります。子育てで心がけていることを教えてください。

ユトリヒヨこ、これは…もしかしたら「大人になっても私がやりたいこと」に、子どもや家族を付き合わせてしまっているだけかもしれないので(笑)。付き合ってくれる家族にひたすら感謝しています。「楽しいことは大人も全力で!」という姿勢で、大人も楽しむことに関しては手を抜きません。

――素敵ですね。最近、子育ての中で印象的だったことはありますか?

ユトリヒヨ子どもに、大好きな『Mr.ビーン』のDVDを見せたら、めちゃくちゃ良いリアクションで抱腹絶倒していました。その昔、親がよく海外コメディ映画を見せてくれたことを思い出して「歴史は繰り返す」というものでは? と気づきました。

――コロナ禍のご家族での楽しみは?

ユトリヒヨ自粛生活のおかげで、家でもちゃんと楽しんで遊べることに気づいたのは、意図しない“副産物”だったのかもしれません。家族でゲームをしたり、YouTubeで聴いたことのないジャンルの楽曲を探してみたり、『Mr.ビーン』を見直してみたり…、日常にも楽しいことがきちんとあるのを再確認できました。

――ユトリヒヨさん自身が今一番癒されるのはどんな時ですか?

ユトリヒヨ子どもと晩御飯を食べて、歯磨きをして、寝る前にテレビを観ている時です。そのあと寝かしつけをして、寝落ちしなければ自分の時間が…! とワクワクしていますが(笑)、うっかり寝落ちしてしまい、めちゃくちゃどんよりした気持ちになります。

――最後に、今後の目標を教えてください。

ユトリヒヨこれからもTwitterでは、ゆるい絵と肩肘張らない話を発信していきたいです。時々、育児と関係ないこともぽつりとつぶやいたり、Twitterがきっかけでつながることができた皆さんと面白いことを共有したりしたいです。発信だけでなく、受信も楽しみにしています。

【育児イラスト】おかあ産業株式会社&47都道府県知事のマスクまとめ

  • なんでもないポストと幼稚園児の娘さんが「ごろごろ書いてあるやつ」と言ったわけは?⇒
  • 「●時“ごろ”」
  • お子さんたちのために作ってみたテストが本格的
  • 一生懸命といてくれるお子さん、結果は…?⇒
  • 手作りテストの結果
  • 昨年バズった娘さんの自由研究「チジノマスク」

>> Photo Galleryをもっと見る

PROFILE/ユトリヒヨ
2人の娘さんを育てながらイラストレーターとして活動しつつ、Twitterではお母さんに共感を得ているイラスト「おかあ産業株式会社」を更新中。
■Twitter @yutorihiyo

シェア

関連リンク

あなたにおすすめの記事

おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ