ホーム 動物&ペット > え、ダメ? シンク侵入が見つかるたびに初耳顔する猫に飼い主は「またまたご冗談を!」

え、ダメ? シンク侵入が見つかるたびに初耳顔する猫に飼い主は「またまたご冗談を!」

え、ダメ? シンク侵入が見つかるたびに初耳顔する猫に飼い主は「またまたご冗談を!」
 シンクに横たわり、びっくり顔でこちらを見る1匹の白猫。「初耳ですって顔してるのクセになる」「冷たくて気持ちいいんでしょうね」と9万以上のいいねを集めたのは、アメリカンカールの“おこめ”ちゃん。同じくシンクへの侵入がバレて絶望感あふれる顔を見せるメインクーンの“こゆき”ちゃん、8ヵ月にして5.2kgと立派な体格のスコティッシュフォールド“ぽてち”くんと暮らす飼い主さんに、3匹の素顔を聞いた。

洗い物中から、シンクの様子を観察 今ハマってるのは洗面器&虫かご!?

――改めて、一緒に暮らしている猫ちゃんたちの種類、性別、歳を伺えますでしょうか。

ぽてち(スコティッシュフォールド/レッドタビーホワイト・男の子・8ヵ月)、こゆき(メインクーン/シルバータビーホワイト・女の子、8ヵ月)、おこめ(アメリカンカール/クリーム&ホワイト・女の子・5ヵ月)の3匹です。
こゆきちゃんもシンクに侵入

こゆきちゃんもシンクに侵入

――おこめちゃんがシンクでくつろぐ姿をアップした投稿には大きな反響があり、猫を飼う方からは共感のコメントも多かったですね。「毎回注意してるのに」とあるので、よくある風景なのでしょうか?

そうですね。おそらく“空っぽの入れもの”が好きなので、綺麗にした時はいつも狙っています。洗い物の最中から横に張り付いて、じーっと監視しています。

――洗面器や何かの容器に入っているおこめちゃんもよく見ますが、特にお気に入りの場所や容器はありますか?

今一番のお気に入りは、やはり洗面器です。2番目にお気に入りは虫かごです(笑)。

――ほかの猫ちゃんの好きな場所はありますか?

ぽてちもこゆきも洗面器が好きなのですが、空いていない時は、ぽてちはダイニングテーブルの脚の上、こゆきは階段からつるしているマクラメ編みのハンモックの中によくいます。

飼うなら絶対に3匹! 愛されキャラのおこめに甘々のぽてち&こゆき

――改めて、3匹を家族として迎えたきっかけを教えてください。

昔犬を飼っていたのですが、それ以降なかなか次の子を迎えることができませんでした。でも、約10年が過ぎて持ち家になったことをきっかけに、ブリーダー直営店で一目惚れしたぽてちを迎えることになりました。
ご飯の圧をかける3匹(写真左より)ぽてち、こゆき、おこめ

ご飯の圧をかける3匹(写真左より)ぽてち、こゆき、おこめ

――その後、こゆき、おこめと3匹に増えていった経緯を伺えますか?

「飼うなら絶対3匹」と、なぜか自分の中で決まっていたんです。加えてぽてちの噛み癖がひどく、遊び好きだったこともあり、もう1匹飼いたいと思っていました。そんな時、ぽてちを迎えたお店で一目惚れした、こゆきを迎えることになりました。さらに数ヵ月後にブリーダーさんのサイトで、たまたま見かけたアメリカンカールがあまりにもかわいくて、即見学に行って、その日に連れて帰ってきたのがおこめです

――それぞれの性格を教えてください。

ぽてちはまるで犬のような性格で、初対面の人にもいつもスリスリゴロゴロ、外に出ても物怖じしない不思議な魅力がある猫です。他の2匹に比べると飲み込みが早く、お手などの芸もすぐに覚えてくれます。とにかく食べることが大好きで、猫なのに野菜も食べたがります…。

――芸達者かつユニークなところも愛らしいですね。こゆきちゃんはいかがでしょう?

こゆきはとにかくおとなしくて女の子らしい性格です。いたずらも一切せず本当に飼いやすいです。猫は家をボロボロにするというイメージを持っていたのですが、こゆきを見て全て払拭されました。あざといポーズでなでなでされるのを待っている健気な子です。

――では、一番年下のおこめちゃんは?

おこめはとにかく明るく甘えん坊です。名前を呼ばれると返事をして近づいてきたり、朝必ず飼い主を起こしにきたり、とにかく愛らしいです。甘え上手なので先住2匹もおこめには甘々で、よく面倒を見ているし、おこめに対して怒ることは絶対にしません。愛されキャラだと思います。

心配だった時期を乗り越え成長中「ただただ元気にいてほしい」

――出会ってから現在までで、3匹との印象深いエピソードがあれば教えてください。

ぽてちは、生後半年ごろまで病気がちで体調が安定しませんでした。原因が突き止められず、何度も何度も病院に通い、先生にFIP(猫伝染性腹膜炎)のことも頭に入れるようにと言われ、とてもつらい時期がありました。引きずられるようにおこめも血便が出て、先代の愛犬が若くして病気で亡くなったことと重なり、自分がいけないのかと落ち込んだ時もありました。

――心配でしたね…。今はすっかり元気なのでしょうか?

はい。ぽてちもおこめも、原因を突き止めることができて、すっかり元気に。また、ありがたいことにこゆきは一度も体調を崩すことなく現在に至ります。たいしたエピソードではないかもしれませんが、自分の中ではとても大きなことで、元気でいてくれるだけで本当にありがたく、いかに幸せであるかを実感したできごとでした。
――3匹と一緒にいて、飼い主さんが一番幸せを感じる瞬間はどんな時ですか?

元気に遊びまわっている姿を見ている時ですね。最初にとても心配したこともあり、元気いっぱいに遊んで、気持ちよさそうに寝ている姿を見るだけで、本当に幸せだと感じています。

――最後に、愛猫と一緒に実現させたい夢、3匹に願うことはありますか。

夢はたくさんの人にぽてち、こゆき、おこめを知ってもらうことです! もう1つは、お庭に猫専用ルームを増築して、もっと思いっきり遊ばせてあげること。あとは、ただただ元気にいてくれれば、他に願うことはないです。
シェア

関連リンク

あなたにおすすめの記事

おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ