ホーム 動物&ペット > 漂う“王の風格”… 象の上に佇む愛猫の凛々しい表情に「平伏したくなる」「バーフバリみたい」

漂う“王の風格”… 象の上に佇む愛猫の凛々しい表情に「平伏したくなる」「バーフバリみたい」

2022/03/09

 象の置物の上で悟りのまなざしで座るメインクーン。「王の威厳」という言葉とともに投稿された写真には、5.6万のいいねがつき、「ニャハラジャ」「なんか既視感あると思ったらバーフバリ」「平伏したくなりますね」などのコメントも多数寄せられた。王の風格を放つメインクーンの“くう”ちゃんの意外な素顔とは。
――この「王の威厳」の投稿は、大きな反響がありました。そもそもどんな状態なんでしょうか?

「この象の置物は重量がとても軽く、しかも重心が高い置物なんです。そのため、猫が飛び乗るためにはジャンプ力だけでは難しく、ジャンプ力に加え、バランスと何より制動力がないと飛び乗れません。他の猫にはできませんので、出来る自分をドヤ顔でアピールしているかなと思います」

――なるほど。普段もよくする行動なんですか?

「普段は乗らず、必要と感じた際に乗るようです」

――この日もくうちゃんにとって“必要”だったんですね。

「メインクーンは、別名“ジェントルジャイアント”と呼ばれるほど大型猫で、気が優しく頭のいい猫種です。通常、猫同士であれば腕力にものを言わせたマウンティングを行ないますが、メインクーンは自分の圧倒的な身体能力を見せつけて、群れのリーダーの地位を保持しているのでは? と思います」
――『かっこいい』というコメントが多く寄せられていましたが、普段から威厳のある雰囲気を漂わせているんでしょうか?

「メインクーンは、猫の身体能力に犬の性格が合わさった新種ではないかと思うぐらい、飼い主の近くに寄り添ってくれます」

――やさしいですね。くうちゃんも入れて3匹と暮らされていますが、猫たちがはまっていることはありますか?

「パン作りの工程にだけ興味があり、必ずキッチンに登ってきて、最初から最後まで飽きもせず見ています。そのうち作り出すのではないかと思うぐらいです」

――最後に、最近あった珍事件を教えてください。

「どうやらスキンヘッドの人が苦手のようです。帽子を被ったお客さんに機嫌よくスリスリしていましたが、脱帽した途端『シャー』と威嚇して驚きました」

かいつけさんTwitter @KRAUSER_MKM1000

【猫】仲良しメインクーン&ラグドール&ロシアンブルー

  • 王の威厳(メインクーンのくうちゃん)
  • 赤ちゃん王(生後1ヵ月)
  • 仔猫の王(生後2ヵ月)
  • 仔猫の王(生後3ヵ月)
  • 王の風格が出てきた? 仔猫の王(生後4カ月)
  • 幼少期の王(生後5ヵ月)
  • 王の憂鬱
  • 嘆きの王
  • 乱心の王

>> Photo Galleryをもっと見る

1 2 >

シェア

関連リンク

あなたにおすすめの記事

おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ