ホーム レシピ > 「菜の花」でからだの不調をリセット!おすすめレシピと選び方

「菜の花」でからだの不調をリセット!おすすめレシピと選び方


野菜の中でもトップクラスのビタミンC
菜の花は野菜の中でもとくに栄養豊富。なかでもビタミンCの含有量はトップクラスで、ホウレンソウの約3倍もあります。ビタミンCはコラーゲンの生成を助け、免疫力アップを後押ししてくれます。肌や体の調子を崩しやすい季節の変わり目には、嬉しい働きですね。

その他、ベータカロテンの含有量も高いため、抗酸化作用も期待できるほか、葉酸や鉄分は貧血防止にも役立ちます。また、ミネラルも豊富で、心機能や筋肉機能を調節するカリウムや骨を丈夫にするカルシウムなども含まれています。


菜の花の選び方、下ごしらえ、保存方法
選び方のポイントは、葉や茎がしおれておらず、茎の切り口がキレイでみずみずしいもの。花が咲くと味が落ちるので、つぼみのものを選びます。保存の際は濡らしたキッチンペーパーに包んで冷蔵庫へ。日持ちはつぼみが開くまでの2〜3日です。

食べる時はさっと茹でますが、このとき塩を入れると発色がよくなります。すぐに食べられない場合は、茹でてから冷凍保存がいいでしょう。菜の花が含むビタミンCは水溶性なので茹ですぎには注意します。


< 1 2 3 >

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)