ホーム レシピ > 甘さ凝縮! やみつきになりそうな、マクロビアイスクリーム大学芋風

甘さ凝縮! やみつきになりそうな、マクロビアイスクリーム大学芋風

「マクロビ」という言葉を聞くと、手に入りにくい食材を使用したり、味が少し物足りない、というイメージがあるかもしれません。 今回ご紹介するレシピはアイスクリームなのに乳製品、卵、砂糖を一切使用しない“マクロビ風アイス”。

生クリームや牛乳の代わりに、濃厚な味わいのアーモンドミルクを使用。そして、味の決め手はなんといっても干し芋。凝縮された甘さがコクとうま味を引きだしてくれます。

とってもクリーミーで、やみつきになりますよ。

■マクロビアイスクリーム大学芋風

調理時間 10分 +冷やす時間



レシピ制作: フードコーディネーター 山下 和美


<材料> ※作りやすい量 1回分
干し芋 120g
アーモンドミルク 400ml
練り白ゴマ 大さじ2
ハチミツ 大さじ2
しょうゆ 小さじ1/8
黒ゴマ 適量


<下準備>
・干し芋を細かく刻み、アーモンドミルクに1時間程度浸してふやかす。

ここでは、半生タイプの干し芋を使っています。干し芋は手作りできます。ふやかす時間は調理時間に含みません。

<作り方>
1、ミキサーに干し芋、アーモンドミルク、練り白ゴマ、ハチミツ、しょうゆを入れてかくはんする。


2、密封できる保存袋に(1)を入れて、冷凍庫で凍らせる。器に盛り、黒ゴマを散らす。
途中で何度か取り出し、袋の上から手でもむと口当たりがよくなります。


コツ・ポイント マクロビオティックでは、精製されたお砂糖は控えて、ハチミツやメープルシロップなどを使うことが多いです。ただし、多用は禁物です。



脂質やカロリーを気にするお母さんにも嬉しいスイーツですね。ぜひおためしください。

(KMmama)
シェア Google+

関連記事

P R