ホーム エンタメ > 子どもを見守る覚悟が必要…親ではなく子どもの受験だから!/中学受験と反抗期・有馬家の場合(8)【親たちの中学受験戦争 Vol.36】

子どもを見守る覚悟が必要…親ではなく子どもの受験だから!/中学受験と反抗期・有馬家の場合(8)【親たちの中学受験戦争 Vol.36】


■前回のあらすじ
勉強に集中しない娘にイライラしてばかりだった楓は、“ただ勉強させること”だけに囚われるのはやめようと、気持ちをリセット。さらに、娘がテレビで興味を持った“工業地帯”を自ら調べて苦手を克服していく姿に、楓の意識も変わっていって…。

反抗期真っ只中の娘とは衝突することもあるけれど、それでも以前と比べてきちんと“会話”ができるようになっていました。

これまでも塾のお迎えはしていましたが、話すのは「漢字テストはできたのか?」とか、「わからないところはなかったか?」とか。けっして、楽しいとは言えないような話ばかり。このため塾の帰りは、「勉強の話はしない」と自分に戒めを立てていたのですが…。


勉強は、机に向かうだけじゃない。そして、私の知らない世界も娘はいっぱい学んでる! 私は娘のイキイキとした表情に、救われたような気持ちになりました。

夏休み最終日を迎えても、あいかわらずバタバタ、イライラの娘。これから受験勉強がますます本格的になっていくことを考えると恐ろしくもなりますが、娘には“できること”が着実に増えているし、必ず前進している!

そう信じて、これからも一緒に頑張ろうと思っています。


※この漫画はフィクションです


(ウーマンエキサイト編集部)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ