ホーム エンタメ > 義母に夫を見限ってと言われ…弱気の妻が夫と向かい合う決意!【裏切り夫から全て奪ってやった話 Vol.32】

義母に夫を見限ってと言われ…弱気の妻が夫と向かい合う決意!【裏切り夫から全て奪ってやった話 Vol.32】

義母と子どもとともに従順な妻のアキを捨てた夫から、すべてを奪い返すまでの逆転劇。

交際中からアキを都合よく扱い、アキが妊娠すると雲隠れしたナオヤ。しかしナオヤの母は、アキの子どもを産みたいという気持ちを優しく受け入れてくれます。義母の助けを借り、アキはナオヤと結婚することに。

流れのまま結婚したものの、ナオヤよりも義母と過ごす時間に幸せを感じるアキ。ナオヤとの間には溝があり、いつしかナオヤは勝手に仕事を辞めて遊び歩くようになります。

義母は、ナオヤは歴史ある家の跡継ぎとして甘やかされて育ったため、人の気持ちを思いやれない人間になったと言います。ナオヤがアキと結婚したのも、そうしなければ義母に家を追い出されるからだったのです。義母はお金もなく浮気しているであろうナオヤのもとを去って自由になっていいとアキに言うのですが…。



■前回のあらすじ
ナオヤがアキと結婚したのは家を追い出されたくないから。すでに遺産も使い切ってお金もなかったからだと義母は話します。そして今は都合の良い寄生先を見つけたのだろうと…

このまま終わりにしていいのか


ナオヤが帰宅したのは二日後

こうして、第一話の展開につながったのです。

しかし、結婚した時に比べるとアキはちょっとだけ自分で考えられるようになったように思えます。義母との関りで成長することができたのでしょうか。

しかしナオヤにはその思いは伝わらなかったようで、「最後に」とアキが思い切った対話の申し出も無視し、結局何の話し合いにもならないままでした。せめて離婚届を置いて行くくらいすればいいのに…まったくもって責任感がないようです。

ナオヤは面倒なことは避けてしまう自分に甘い人間なのかもしれませんね。

でも、もしこの時ナオヤが話し合いに応じていたら…出ていくのはアキの方になっていたのかもしれません。結果的にこの時の判断がナオヤの首を絞めることになるのです。



(とりまる、ねこぽちゃ)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ