ホーム エンタメ > 「昨日の今日でよくも…!」すぐるの言い訳に妻の両親の反応は?【極論被害妄想夫 Vol.54】

「昨日の今日でよくも…!」すぐるの言い訳に妻の両親の反応は?【極論被害妄想夫 Vol.54】

■これまでのあらすじ
主人公・すぐるは年収一千万を稼ぐエリートだが性格に難あり。被害妄想を発動させることで自分の非を絶対に認めず、極論で妻を追い詰めます。ある日すぐるが自分のプライドを保つために娘を怒ったことで限界を迎えた妻は、離婚を宣言。しかし謝罪するすぐるの姿に騙されてしまった妻はすぐるを許してしまいます。しかし帰宅後すぐるは強い言葉で妻を追い詰め、ついには手をあげます。一部始終を録音したボイスレコーダーを証拠に持つ妻は今度こそ離婚を決意、両家の親を招集します。親を呼ばれ腹を立てたすぐるは脳内で自分を正当化しますが、果たして親にその説明は通じるのか…。

■家に帰したことを後悔する両親


■すぐるの両親も到着し…

昨日の今日で娘を傷つけられ、「帰さなければよかった」と後悔するかすみの両親。「手が当たっただけ」というすぐるの言い訳を信じるはずもなく、許す気などさらさらないのでした。

そしてすぐるの両親も到着。すぐる母は申し訳なさそうな顔をしていますが、すぐる父はちょっと一癖ありそうな雰囲気…。

この話し合いは一体どうなるのでしょうか…!


(神谷もち)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ