ホーム エンタメ > 推し活を全否定!? ふたりで追いかけた日々はいったい…【親友から受けた最低の裏切り Vol.26】

推し活を全否定!? ふたりで追いかけた日々はいったい…【親友から受けた最低の裏切り Vol.26】

■前回のあらすじ
大の親友のキヨに既婚者との恋愛の身代わりにされてしまった正子。もともと正子とキヨは高校生の時に出会い、好きなアーティストが同じだったため意気投合。ルームシェアしていたのですが、キヨは武夫と付き合いだすと大学も辞めて変わってしまいます。ふたりが好きだったアーティストがメジャーデビューするためファンクラブ限定でラストライブが開かれると聞いても興味を示しませんでした。

吸血院鬼奇の追いかけを辞める!?


ふたりで吸血院鬼奇を追いかけた日々はいったい

吸血院鬼奇に興味を失っただけでなく、武夫に影響されて正子の前で「痛い」「恥ずかしい」などと言い放つキヨ。正子にもそろそろ卒業した方がいいなどと、好きな気持ちを踏みにじるような発言をしたのでした。

これまでふたりの絆だった吸血院鬼奇。お互い吸血院鬼奇の話をするのが楽しくて、彼氏なんていらないと言い合っていたのに、彼ができたとたんにこんな手のひら返しをするなんて、薄情としか言いようがありません…。

そして、たぁくんに紹介したいというキヨ。これこそまさに、例の裏切り用の写真を撮るための策略だったのです。


(エェコ)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ