ホーム エンタメ > 思い出が台無しに…大好きだった推しを見てこみ上げてきた感情は…【親友から受けた最低の裏切り Vol.33】

思い出が台無しに…大好きだった推しを見てこみ上げてきた感情は…【親友から受けた最低の裏切り Vol.33】

このお話は作者エェコさんに寄せられたエピソードをもとに再構成しています。個人の特定を防ぐため、脚色を加えてあります。


■前回のあらすじ
共通の推しアーティストを通して友情を育んできた正子とキヨ。しかし武夫と付き合いだしたキヨは人が変わったように正子との共通の趣味にも見向きもしなくなってしまいました。さらに武夫の妻に交際がバレそうになると、身代わりとして武夫の彼女が正子ということにしようとします。武夫の妻も交えた話し合いの席に呼び出されたキヨの両親はキヨへの怒りを露わにし正子に謝罪。キヨを連れ帰って監視すると言います。引き離されるのを嫌がり「一緒に逃げよう」と言うキヨですが、武夫は冷たく突き放したのでした。


そして話し合いは終わり…


ひとり家に帰ると…

キヨは両親に連れ去られ、武夫も妻とともに帰っていきました。どちらもこの後きっちり絞られることでしょう。

そしてたったひとり、静かな部屋に帰った正子。この間まで大好きだった推しのポスターを見てこみ上げてきたのは…なんと吐き気だったのです。

キヨの裏切り行為や歪んだ表情への嫌悪感。醜い感情を凝縮したような一日のあとで、キヨを連想するものを見たら気持ち悪くなってしまうのも無理もありません。でも、あんなに大好きだったものが一晩で苦手になってしまうなんて、あまりに切ないですね。


(エェコ)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ