ホーム レシピ > ビニール袋でモミモミするだけ! 「甘酒」を使ったお手軽保存食

ビニール袋でモミモミするだけ! 「甘酒」を使ったお手軽保存食

慌ただしい新生活シーズンからしばらく経ち、疲れがじわじわと出てくる頃。気温の変動の激しさも加わって、体調を崩したりしていませんか? この時期はなるべく身体を休めて無理をせず、栄養をたっぷりとって過ごしたいですね。



そんな時は「飲む点滴」とも呼ばれる、栄養価の高さが話題の「甘酒」を取り入れてみてはいかがでしょうか。脳の活動エネルギー源となるブドウ糖をはじめ、ビタミンアミノ酸をたっぷり含みます。食物繊維も豊富なのでお通じや、腸内環境を整える働きもあるんですよ。

ただ飲むだけじゃなく砂糖代わりの調味料としても使えるのも、甘酒の魅力です。私は甘酒生活5年目になりますが、ヨーグルトにかけたり、煮物や汁物、卵焼きに加えたりと、今や冷蔵庫の常備品に。



夏野菜が豊富になってくるこの時期は、甘酒を野菜と一緒によく食べます。といっても、野菜を切って甘酒などの調味料を加えて揉むだけの簡単な食べ方ばかり。保存食に、お弁当のちょっとしたおかずに、何かと重宝しますよ。

■甘酒を使った「お手軽保存食」の4レシピ
野菜がたっぷりとれるお手軽保存食レシピを4つご紹介しましょう。
ビニール袋は食品用を使ってくださいね。
●キャロットラペ

<材料 2人分>

人参 1/3本
くるみ 適量
レーズン 適量
調味料
甘酒 大さじ1
塩麹 大さじ2/3
オリーブオイル 大さじ1/2
酢 大さじ1/2

<作り方>
1、人参は千切りに、くるみは粗く砕く。


2、すべての材料をビニール袋に入れ、調味料を加えて軽く揉む。


3、器に盛って、できあがり。


●夏野菜のネバネバあえ

<材料>

なす 1/3本
長芋 30g
きゅうり 1/2本
大葉 2枚
調味料
甘酒 大さじ1/2
塩麹 大さじ2/3
白ごま 適量

<作り方>
1、大葉は千切りに、その以外の野菜は小さめの賽の目に切る。


2、すべての野菜をビニール袋に入れ、調味料を加えて軽く揉む。


3、器に盛って、仕上げに白ごまをふりかけてできあがり。


●キャベツと桜えびのナムル

<材料>

キャベツ 2〜3枚
桜えび 2g
調味料
甘酒 小さじ2
塩麹 小さじ1/2
ごま油 小さじ1/2
<作り方>
1、キャベツは食べやすい大きさに手でちぎる。


2、すべての材料をビニール袋に入れ、調味料を加えて軽く揉む。

3、器に盛って、できあがり。


●甘酒ドレッシング

<材料>
甘酒 大さじ2
塩麹 大さじ1
オリーブオイル 大さじ1/2
酢 大さじ1/2
※粒マスタードを少量加えても

<作り方>
1、すべての調味料を瓶に入れる。


2、蓋をしてよく振って、できあがり。


■「甘酒」で、まろやかな味に
分量はどれも目安ですのでお好みで調整してください。塩麹がなければ、もちろんでも大丈夫です。その場合、分量は塩麹の半量程度にしてください。甘酒を加えることで栄養が添加されるだけでなく、味に甘みうまみ深みが生まれ、より美味しくなります。

食品を保存できるビニール袋で作って、そのまま冷蔵庫に入れれば、洗いものが少なくて済むので、ちょっと嬉しいですね。ドレッシングも保存用の瓶で作り置きできます。

すぐに食べても、しばらくおいて味を馴染ませても美味しい甘酒保存食。簡単なので、お子さんと一緒に親子でモミモミして作っても楽しいですよ。

※ビニール袋は食品用をお使いください。

(石野祐子)
シェア Google+

関連記事

P R