ホーム エンタメ > アイドリング!!!・大川藍、『JJ』史上最速で表紙デビュー

アイドリング!!!・大川藍、『JJ』史上最速で表紙デビュー

大川藍(上段)がファッション誌『JJ』で表紙デビュー (C)JJ

[拡大写真]

大川藍(上段)がファッション誌『JJ』で表紙デビュー (C)JJ
 女性ファッション誌『JJ』(光文社)の専属モデルでアイドルグループ・アイドリング!!!20号の大川藍(18)が、きょう発売の5月号で表紙デビューを果たしている。今年1月23日発売の3月号で専属入りしてから、わずか2ヶ月での表紙は同誌史上最速。大川は「ほんまに私でいいのかなと思いましたがすごく嬉しかったです。心の底からびっくりし、心の底から嬉しかったです」と喜びを爆発させている。

 過去に梅宮アンナ、梨花、平子理沙らを輩出し、多くの女性の憧れの象徴となっている“JJの顔”に、大川が最短記録で名を連ねた。表紙撮影は「このうえなく緊張しました」といい「自分頑張れ! やれる! できる!」と自らを鼓舞。最終的には、先輩モデルのオードリー亜谷香、ニコルとともに3ショットを堂々決めている。

 同誌の篠原恒木編集長は、大川の抜てきに「ハーフモデル全盛のムードの中で、もう一度“日本人モデル”の存在感、愛らしさをアピールしたかった」と説明。「大川藍は“持ってる”としか言いようがありません」と太鼓判を押している。

 幼い頃からモデルに憧れていたという大川は、専属モデル入りを機にトレードマークだったロングの黒髪を初めてカラーリング。さらに、プロポーションを磨くため、お風呂上がりのマッサージと柔軟を続けたことにより、最近では「モデルさんだからやっぱりオシャレだねとか、誉めてもらえることが増えました」と結果もついてきた。

 今月3日に開催された『TOKYO GIRLS COLLECTION』では、モデルとして初めてランウェイも歩き、着実に経験を積んでいる大川。「自分が納得する服を着る!」をモットーに、さらなる高みを目指す。

 大川藍:15歳の時にオーディションに合格し、3期生としてアイドリング!!!入り。ライブやバラエティー番組で活躍し、今年1月に上演された『シベリア少女鉄道スピリッツ「太陽は僕の敵」』で初舞台にして初主演を務めるなど、女優業にも力を入れている。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R