ホーム エンタメ > 加工いらずで「いいね!」がもらえる “美味しい”スマホ撮影術

加工いらずで「いいね!」がもらえる “美味しい”スマホ撮影術

「友達とワイワイ撮るのも楽しい!」料理のスマホ撮影に挑戦した、食べカワ女子の“炭水化物ちゃん”(撮影:飯岡拓也)

[拡大写真]

「友達とワイワイ撮るのも楽しい!」料理のスマホ撮影に挑戦した、食べカワ女子の“炭水化物ちゃん”(撮影:飯岡拓也)
 カメラ機能の充実は、スマートフォン(スマホ)の魅力のひとつ。最近はSNSを通じて、写真を公開する機会が増えた人も多いのでは? なかでも“食べ物”は定番のテーマだが、投稿後に見直してみると「あれ?あまり美味しくなさそう…」とガッカリすることも。各社から写真をオシャレに加工するアプリも多数登場しているが、実は備え付けの「標準カメラ」でも機能は充分。友達が思わず「いいね!」と言いたくなるような料理写真を撮るテクニックを、カメラマンの飯岡拓也氏に聞いた。

■メイン料理に思い切って寄ってみる

写真を撮る時にいちばん重要なのは「何が主役か」を考えること。特に、さまざまなおかずがのったワンプレートメニューはつい目移りがして、全体を写したくなりがち。ここでメインとなる食材を決めてグッと寄ってみると、食べ物の質感や温かさまで伝わるような1枚になるのだそう。フレームからはみ出して「少し寄り過ぎかな?」と思うくらいが、躍動感を引き出すポイントだという。

■周りの小物を最大限に活用する

 さらに雰囲気のあるショットを目指すなら、低い角度からの撮影がオススメ。空間の広さを見せたいときは横向きに、高さを見せたいときは縦向きにカメラの構え方を変えるだけでも、それぞれ印象の異なる仕上がりに。さらに、飯岡氏は「カフェのインテリアやティーセットなどを背景に置いてみることで、ストーリー性が出てきますよ」とも教えてくれた。

 食欲をそそる料理の写真は、後から眺めて幸せに浸ったり、友達に自慢したりと、まさに“一度で二度美味しい”思い出に。外食先では、撮影に夢中になりすぎて店内の雰囲気を壊さないよう注意をするなどマナーを守って、美味しく、楽しい時間を過ごして。



関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R