ホーム エンタメ > 『メガネ ベストドレッサー』、桐谷美玲&中村アンらが受賞

『メガネ ベストドレッサー』、桐谷美玲&中村アンらが受賞

『第28回 日本 メガネ ベストドレッサー賞』を受賞した(左から)又吉直樹、桐谷美玲、見城徹氏、岸田文雄氏、中村アン、片岡愛之助 (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

『第28回 日本 メガネ ベストドレッサー賞』を受賞した(左から)又吉直樹、桐谷美玲、見城徹氏、岸田文雄氏、中村アン、片岡愛之助 (C)ORICON NewS inc.
 メガネが最も似合う各界の著名人に贈られる『第28回 日本 メガネ ベストドレッサー賞』の表彰式が6日、東京ビッグサイトで行われ、女優の桐谷美玲が「芸能界部門・女性」、タレントの中村アンが「サングラス部門」を受賞した。

 黒のシックな装いで登壇した桐谷は「選んでいただきうれしく思います。子どもの頃からメガネをかけていて、(メガネは)生活に無くてはならない存在です」と喜びのスピーチ。「2015年は振り返ると色々とありますけど、大学を卒業したり、芸能生活10年目、好きな映画にも出られて幅の広がった年。充実した年になりました」と満面の笑みを浮かべた。

 サングラスをかけて多くのフラッシュを浴びた中村は「大好き過ぎて、(サングラスを)50個以上は持ってる」とサングラス愛を告白。リポーターから「そのお眼鏡にかなう男性は?」と恋愛質問が飛ぶと、「ずーっと探してる。(身長)180cm以上が理想って言ってたけど、現実的になりました。(芸能界の結婚ラッシュは)いいですよね、28歳になりましたから30歳を目標に作ります」とほほ笑んだ。

 そのほかの部門では、「政治部門」を岸田文雄外務大臣、「経済界部門」を見城徹氏、「文化界部門」を歌舞伎俳優の片岡愛之助、「芸能界部門・男性」をピースの又吉直樹、「特別賞」をアイドグループ・乃木坂46がそれぞれ受賞した。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R