ホーム インテリア・雑貨 > 「雨の日には花を買う」 高垣麗子が大人ブーケをプロデュース

「雨の日には花を買う」 高垣麗子が大人ブーケをプロデュース

『ダリアのシソーラスブーケ』をプロデュースした高垣麗子

[拡大写真]

『ダリアのシソーラスブーケ』をプロデュースした高垣麗子
 モデルの高垣麗子がプロデュースしたブーケが、10月1日より青山フラワーマーケットに登場する。「雨の日には花を買う」というマイルールを設け、暮らしのアクセントとして常に花を身近に取り入れているという高垣。今回はダリアをモチーフに、品格と優しさを兼ね備えたデザインに仕上げている。

 今回の企画は高垣がクリエイティブ・ディレクターを務めるアクセサリー&ジュエリーブランド『CISOLASSE(シソーラス)』と青山フラワーマーケットによるコラボ企画。濃い赤が特長のダリア「黒蝶」をメインに、ブラウン系の花やシルバーの葉を組み合わせてクラシック調にデザイン。包装紙はツヤ感のある紙とリボンを使用して、シックなムードを演出している。価格は税込3240円〜。

 デザインセンスにも定評のある彼女だが、シソーラスのデザインにも自然や植物、日本の四季を取り入れているそうで、花はインスピレーションを得る貴重なアイテム。今年6月に『AneCan』(小学館)を卒業した彼女。今後はモデルとしてはもちろんのこと、プロデュース分野での活動も広がっていきそうだ。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R