ホーム エンタメ > 小倉優子、息子の芸能界入りに反対?「現実的な話をしました」

小倉優子、息子の芸能界入りに反対?「現実的な話をしました」

小倉優子、愛息の将来の職業は?=『タマ&フレンズ35周年「うちのタマ知りませんか?」展in新宿』開催記念イベント(C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

小倉優子、愛息の将来の職業は?=『タマ&フレンズ35周年「うちのタマ知りませんか?」展in新宿』開催記念イベント(C)ORICON NewS inc.
 タレントの小倉優子(34)が22日、都内で行われた『タマ&フレンズ35周年「うちのタマ知りませんか?」展in新宿』開催記念イベントに登場。今年で6歳と2歳になる2人の男の子のママとして子育てに励んでいるが「周りから『男の子2人は大変だよ』って言われていたんですけど、赤ちゃんの頃はそれほど感じていなかった。でも、今になって大変かもって日に日に実感していますね」と明かした。

 タレント業と並行しながら、子育てもきちんと行うために心がけていることとして「体力的なところでは、早く寝て体調管理をしっかりすることとか、ちょっと体調が悪いなと思ったら、すぐに葛根湯を飲んでいます」とにっこり。「子どもたちは、真冬でもペラペラの服を着ていて、薄着でも平気みたいなんです」と2人の子どものたくましさに目を細めた。

 そんな愛息の将来の職業に関する話題では「レーサーになりたいと言ったり、平昌オリンピックを見たら『羽生結弦くんになりたい』って言ったり、コロコロ変わっています」と告白。報道陣から「お子さんは『芸能人になりたい』って言っていない?」と聞かれると「はじめの頃は『ママのお仕事楽しそう』って言っていたんですけど、現実的な話をして『すぐにテレビに出られるわけじゃないんだよ』と話したら、やめようって言っていました」と笑顔で打ち明けていた。

 タマ&フレンズ35周年を記念して行われる同展は、きのう21日から27日まで東京・小田急百貨店新宿店本館11階で行われる。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R