ホーム エンタメ > 【TGC2018SS】伊原六花がランウェイデビュー ステージ上でダンスパフォーマンスも

【TGC2018SS】伊原六花がランウェイデビュー ステージ上でダンスパフォーマンスも

『マイナビ presents 第26回 東京ガールズコレクション 2018 SPRING/SUMMER』に出演した伊原六花(撮影:片山よしお)

[拡大写真]

『マイナビ presents 第26回 東京ガールズコレクション 2018 SPRING/SUMMER』に出演した伊原六花(撮影:片山よしお)
 昨年“バブリーダンス”で大ブレイクした大阪府立登美丘高校ダンス部の元キャプテンで、卒業後芸能活動を開始した伊原六花(いはら・りっか、18)が31日、神奈川・横浜アリーナで開催された国内最大級のファッションイベント『マイナビ presents 第26回 東京ガールズコレクション 2018 SPRING/SUMMER』に出演し、ステージでダンスパフォーマンスを披露した。

 3月に高校を卒業した伊原は、7月から放送されるTBS系連続ドラマ『チア☆ダン』(仮)に出演決定するなど、女優としての道を歩み始めている。

 この日は、世界的振付師の振付稼業 air:manと今回限定のコラボパフォーマンスを披露し、ダンサーたちと一緒にイスを使ったダンスで会場を沸かせた。途中、イス縦に並べて、その上を伊原が歩いて“ランウェイデビュー”も飾り、観客の声援に笑顔を見せていた。

 ステージ後、「かわいい振り付けなので、バブルとは違った私を見てもらえたかな。ダンサーさんがすてきな方ばっかりで、楽しかったです」と充実感をにじませた。

 今回で26回目を迎える同イベントは“BE YOURSELF(あなたらしく)”がテーマ。中条あやみ、大政絢、八木ありさら人気モデルや、乃木坂46、欅坂46、E-girlsなど多彩な顔ぶれが出演するほか、人気アーティストによるライブも予定されている。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R