ホーム エンタメ > 仲里依紗、夫・中尾明慶と以心伝心 夫婦愛エピソードに会場ほっこり

仲里依紗、夫・中尾明慶と以心伝心 夫婦愛エピソードに会場ほっこり

映画『生きてるだけで、愛。』完成披露舞台あいさつに出席した仲里依紗 (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

映画『生きてるだけで、愛。』完成披露舞台あいさつに出席した仲里依紗 (C)ORICON NewS inc.
 女優の仲里依紗(29)が20日、都内で行われた映画『生きてるだけで、愛。』完成披露舞台あいさつに出席。映画の内容にちなみ「わかり合えていると思う瞬間は?」との話題で、夫で俳優の中尾明慶(30)との夫婦愛を感じさせるエピソードを披露した。

 仲は「家族ではわかり合えている方だと思います。旦那さんの仕事が終わる頃かなと思って『終わった?』って連絡したのと同時に『終わった』ってきたりして、そういうのが1〜2回ではなくて、けっこうあったりしました」とにっこり。「あとは『きょう、何食べたい?』と聞いても返ってこなかったので、ハヤシライスを作ったら『食べたかった』って言ってくれたこともありましたね」というほっこりとした話に、会場から温かい拍手が送られた。

 今回の役どころについては「とりあえず、せりふが長かったです。それがつらかったですね。なんか、ずっと永遠に訳のわからないことを話していて…。あと、せりふが覚えづらいんですよね」とぶっちゃけ。「でも、けっこうドラマが続いていて、映画にどっぷり参加させてもらえるのは久々だったので、いい経験ができました」と声を弾ませていた。

 芥川賞作家で、劇作家・演出家の本谷有希子氏の同名小説を映画化。過眠症で引きこもりがちな女性・寧子(趣里)と、ゴシップ雑誌の編集者・津奈木(菅田将暉)の不器用な恋愛模様を描くラブストーリーとなっている。

 舞台あいさつはそのほか、趣里、菅田、西田尚美石橋静河織田梨沙、関根光才監督も出席。同作は、11月9日より公開される。



関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R