ホーム エンタメ > 中村アン、授賞式で涙ぐむ 就職志望だった『VOGUE』で受賞

中村アン、授賞式で涙ぐむ 就職志望だった『VOGUE』で受賞

受賞スピーチで涙ぐむ中村アン=『VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2018』の授賞式 (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

受賞スピーチで涙ぐむ中村アン=『VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2018』の授賞式 (C)ORICON NewS inc.
 世界的なファッション誌『VOGUE(ヴォーグ)』の日本版『VOGUE JAPAN』が、“圧倒的な活躍をみせた女性”を選出する『VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2018』の授賞式が26日、都内で行われ、受賞者のモデル・中村アン(31)、森星(26)、女優の松本穂香(21)らが出席した。

 青のドレス姿で記念のトロフィーを受け取った中村は「実るある一年になりました」と受賞に笑顔。学生時代を振り返りながら「実は、『VOGUE』のインターン面接を受けたことがある。ファッション誌『VOGUE』で働きたい夢があって、芸能活動と迷っていたことがあった」と同誌との縁を告白した。

 渡辺三津子編集長と面接以来に再会し、思わず涙ぐむ一幕も。女優、モデルとして大成した姿で壇上に立つことができ「当時が21歳。10年が経って、このような素晴らしい賞をいただけて、本当にうれしく思います」と感慨深げだった。

 「本当に光栄に思ってます」と目を輝かせた森は「種まきとチャレンジの年。いろんな事にチャレンジする経験をさせていただいた。来年は今年の経験を生かしたい」。松本は「学生時代にキラキラしていなかったので、自分がこの場所に立っていていいのかな? という気持ちでいっぱい」と恐縮しつつ「来年はもっともっとこの賞をいただいたことを自信にして、すてきな作品を届けられるよう頑張りたい」と言葉に力を込めた。

 そのほか、シンガー・ソングライターのあいみょん、女優の梶芽衣子、脚本家の野木亜紀子氏が受賞し、ファッションシーンで個性を放つ新世代女性をサポートする『VOGUE JAPAN RISING STAR OF THE YEAR 2018』にファッションデザイナーの青木明子氏を選出。司会進行は俳優の城田優が務めた。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R