ホーム エンタメ > Koki,エンタメ界で最も輝いた人物に 来年への抱負語る「いろんなキャラクター演じられるモデルに…」

Koki,エンタメ界で最も輝いた人物に 来年への抱負語る「いろんなキャラクター演じられるモデルに…」

さらなる飛躍を誓ったKoki, =『エル シネマアワード2018』授賞式(C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

さらなる飛躍を誓ったKoki, =『エル シネマアワード2018』授賞式(C)ORICON NewS inc.
 木村拓哉と工藤静香夫妻の次女でモデルのKoki,(コウキ・15)が、ファッションメディア「ELLE」が独自の視点で選出する『エル シネマアワード2018』の「エル・ガール ライジングスター賞」を受賞し、26日に都内で行われた授賞式に出席した。

 受賞のスピーチでは、ファッション誌『ELLE(エル)』7月号(エル・ジャポン/ハースト婦人画報社)で表紙を飾りモデルデビューしたことに触れ「5月の『エル』からスタートして、いろいろな経験をさせていただきました。このような賞に選んでいただき、とても光栄です」とにっこり。「すてきなクリエイターさんやスタッフのみなさんとお仕事をすることができて良かったです。来年は、もっともっと経験を重ねて、いろんなキャラクターを演じられるモデルになりたいと思います」と、さらなる飛躍を誓った。

 2015年よりスタートした同アワードでは、文化人や映画ジャーナリスト、ファッション関係者など約60人を迎えて、独自の視点でその年ナンバーワンの映画を選ぶ「エル シネマ大賞」を選出。昨年より、日本の映画界で輝く女優と監督に贈る「エル ベストアクトレス賞」、「エル ベストディレクター賞」、今年目覚ましい活躍をした男性に贈る「エル メン賞」、エンタメ界において今年最も輝いており、これからの活躍を応援したい人物に贈る「エル・ガール ライジングスター賞」の4部門が設けられている。

■『エル シネマアワード2018』各賞
エル シネマ大賞:『万引き家族』
エル ベストアクトレス賞:寺島しのぶ
エル メン賞:東出昌大
エル・ガール ライジングスター賞:Koki,
エル ベストディレクター賞:三島有紀子監督

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R