ホーム エンタメ > 橋本マナミ、常盤貴子ら ジュエリーで“大人の魅力”を振りまく

橋本マナミ、常盤貴子ら ジュエリーで“大人の魅力”を振りまく

『第30回 日本ジュエリー ベストドレッサー賞』の授賞式に出席した(左から)橋本マナミ、常盤貴子 (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

『第30回 日本ジュエリー ベストドレッサー賞』の授賞式に出席した(左から)橋本マナミ、常盤貴子 (C)ORICON NewS inc.
 各年代で最もジュエリーが似合う著名人に贈られる『第30回 日本ジュエリー ベストドレッサー賞』の表彰式が24日、都内で行われ、10代部門を浜辺美波(18)、20代部門を吉岡里帆(26)、30代部門を橋本マナミ(34)、40代部門を常盤貴子(46)が受賞した。

 最年少ながら堂々としたスピーチで喜びを語った浜辺は「ずっと憧れていた女優さんたちのような、すてきなジュエリーの着け方ができるよう、身も心も磨いて輝いていきたい」。黒のドレス姿で登壇した吉岡も「とても輝かしい、エレガントな賞を頂けて感激しています。心がキラキラとうれしさで溢れています」と白い歯をみせた。

 30代部門での受賞となった橋本は「10代、20代と下積みを過ごしてきた。いつかこのような賞をもらえる女性になりたいと思っていました」と念願かない感無量。ドラマ撮影で多忙を極める常盤も「このジュエリーの持つパワーをもらって、すごくテンションが上がってます」。50代部門の紫吹淳(49)、60代以上部門の森昌子(60)、特別賞 女性部門のコシノジュンコ氏(79)らと共に“大人の魅力”を振りまいていた。

 そのほか、男性部門を舘ひろし(68)、特別賞 男性部門を加山雄三(81)が受賞した。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R