ホーム ファッション > “奇跡の38歳”安達祐実『CanCam』史上最年長カバーモデルに アンチエイジング術公開

“奇跡の38歳”安達祐実『CanCam』史上最年長カバーモデルに アンチエイジング術公開

『CanCam』6月号で史上最年長表紙を飾る安達祐実

[拡大写真]

『CanCam』6月号で史上最年長表紙を飾る安達祐実
 女優の安達祐実(38)が、23日発売の女性ファッション誌『CanCam』6月号(小学館)の表紙モデルに起用された。美しさとかわいらしさを併せ持つ“奇跡の38歳”が、1982年に創刊された同誌史上最年長のカバーモデルとなった。

 2歳で芸能界入りし、今年デビュー36周年を迎える安達は、2児の母でもあるがその美貌やかわいらしさは変わらぬまま。インスタグラムのフォロワー数は76万人を超え、写真がアップされるたびに「かわいい!」の大合唱が起き、昨年9月に美容誌のYouTubeオフィシャルアカウントで「セルフメイク動画」が公開されるや、再生回数は530万回を突破した。

 20代女子の間で“奇跡の38歳”と大人気になっている勢いのまま、『CanCam』カバーにも登場。6ページの特集「“かわいい”が続く、美の秘密」では、安達の変わらない美しさの秘密に迫り、スキンケア、メイク、ボディケア、インナーケアなど、CanCam世代も気になるアンチエイジング術を公開。動画で話題になったメイクについては、「流行のメイクをするのではなく、“自分の人間性を出す”っていうのがセルフメイクのテーマ。パッと見て、『この人ってこういう人なのかな』って伝わるようなメイクを意識しています」とこだわりのマイルールや、日頃使用するお気に入りコスメを紹介する。

 実は「美容に関してちゃんとしなきゃという意識が目覚めたのはつい最近のこと」と明かし、「子供の頃からお仕事をしていて、昔から童顔だと言われていたこともあり、“どうせ自分の顔なんてダメだ”、“私なんて美容に興味を持つなんておこがましい”と、長い間思いこんでいました」とエピソードも披露。年を重ねるうちに、美容の取材が増えてきて、意識が少しずつ変わっていったことを振り返る。

 特集では日ごろの肌やボディのケアについても語り、一番大切にしていることは「穏やかでいること」と言う。「私は、内面的な変化が肌にも影響しやすいようで、精神的に何かを感じるとすぐに荒れちゃうのです。だから、気持ちを穏やかに保つことは唯一ずっと意識していることかもしれません」。

 同号にはそのほか、AAAの宇野実彩子(33)や、元モーニング娘。の道重さゆみ(30)など、アンチエイジングの達人たちが登場。ずっと変わらぬ美しさとかわいらしさの秘密を大公開する。読めば、きっと自分に合ったアンチエイジングが見つかり、いつまでもカワイイが続くはず。



関連写真

関連リンク

シェア

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R