ホーム 子育て > 雑誌『子供の科学』、オンラインで学べる「プログラミングフェス」開催

雑誌『子供の科学』、オンラインで学べる「プログラミングフェス」開催

『KoKaプログラミングフェス!』

[拡大写真]

『KoKaプログラミングフェス!』
 新学期を迎え、プログラミングの授業を受けることになった小中学生の子どもたちも多いだろう。そんななか、小中学生向けの科学誌『子供の科学』を出版する誠文堂新光社が4月1日、オンラインでプログラミングを学べるスペシャルサイト『KoKaプログラミングフェス!』をオープンした。と、ワクワクした様子を語っている。

『KoKaプログラミングフェス!』では、2020年度から小学校で必修となったプログラミングを、オンライン上で体験できるもの。スマホ、パソコン、タブレットからアクセスし、本人に合ったプログラミング教材を選んだり、ワークショップや講演会に参加したり、記事や動画でプログラミングを体験したりすることができる。

 さらにゴールデンウイーク真っ只中である5月4〜5日は、『プログラミングフェス!2Dayオンラインイベント』が開催される。雑誌『子供の科学』でおなじみの、プログラミングの先生が集結して、ワークショップや何でも質問コーナー、プログラミングのツール『Unity』の活用法を伝える講演会などを実施。ほぼ実践に近い内容が習得できる。Zoomから参加できるほか、同雑誌の『コカネットプレミアム会員』になると、すべて無料で参加できるという。

 2020年より小学校でプログラミング教育が必修化されるなか、ついていけなさそう…と不安に感じる親も多いだろう。わかりやすく、自宅で子どもと一緒に参加できる同イベントは、親も一緒に楽しめそうだ。



関連写真

関連リンク

シェア

あなたにおすすめの記事

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)