ホーム コラム > 「顔より個性が出る」局部の“差異”は比較できないからこそ悩みに…いま“婦人科形成”の必要性が問われるワケ

「顔より個性が出る」局部の“差異”は比較できないからこそ悩みに…いま“婦人科形成”の必要性が問われるワケ

2022.07.06 07:30

 ここ数年、日本でも大きな注目を集め始めている「婦人科形成」。女性器などのデリケートな部分のさまざまなお悩みに対する施術を行う診療科目である。大きさや色などのコンプレックス的な面から、擦れや臭いなどの機能的な面まで、女性が抱える悩みや不安を解消するための治療を行ってくれる。湘南美容クリニックの鶴田優希先生は婦人科形成エキスパートドクターでありながら、InstagramやYouTube、TikTokなどのSNSを駆使して、婦人科形成に関する情報も日々発信し続けている。婦人科形成ではどういった施術が行われるものなのか、どのような方が施術に来られるのか、話を聞いた。

■コンプ...

関連写真

関連リンク

シェア

あなたにおすすめの記事

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ