ホーム コラム > 性教育への意識高まるも根深く残る“誤解” 10年以上“性”を啓蒙してきた女医が警鐘を鳴らす「“奔放”と“解放”は違う」

性教育への意識高まるも根深く残る“誤解” 10年以上“性”を啓蒙してきた女医が警鐘を鳴らす「“奔放”と“解放”は違う」

2022.07.08 07:30

 性教育を発信する女性芸能人やインフルエンサー、“生理”をテーマにしたテレビ番組の放送、エンタメコンテンツなどにより、性教育が見直されてきている昨今。タブー視の見方が強かった10年以上前から性の正しい啓蒙を行ってきた産婦人科医・宋美玄氏の目にはどう映るのか。従来の性教育によって起きた弊害、女性の性への向き合い方、セックスレスに至るまで話を聞いた。

■海外に比べ遅れをとる日本の性...

関連写真

関連リンク

シェア

あなたにおすすめの記事

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ