ホーム ダイエット・ボディケア > ダイエットを頑張る人に! コンビニのおすすめおやつ&ランチの組み合わせ方

ダイエットを頑張る人に! コンビニのおすすめおやつ&ランチの組み合わせ方

選ぶならコレ!ランチやおやつにおすすめのコンビニ商品

それでは、具体的にどのようなものを選べば良いのでしょうか。前述の条件を基におすすめの商品や組み合わせを紹介します。

■ランチは“組み合わせ”でココロも身体も満足させよう!
メニュー01
たんぱく質をしっかり摂取!サラダチキンをサラダにIN
・おにぎり(好きな具材)1つ
・味噌汁
・サラダチキン&ミニサラダ
おにぎりでボリュームを確保しつつ、サラダチキンでたんぱく質をしっかり摂取できる組み合わせです。ヘルシーなサラダと温かな汁物を組み合わせることで、お腹もココロも満足感が得られるはず。
メニュー02 
主食&副食にゆで卵でたんぱく質をプラス
・ハムレタスサンドイッチorてりやきチキンサンドイッチ
・ゆで卵
・ひじきなど海藻系のお惣菜
ハムレタスサンドイッチは脂質が抑え目なのでおすすめ。てりやきチキンのサンドイッチはたんぱく質の摂取に◎。そのときの気分や好みで選んでみてください。

海藻は不足しがちなミネラル類が豊富に含まれるので、特に女性におすすめなサイドメニューです。
ケース03 
お魚を摂取したい人におすすめのランチメニュー
・おにぎり(好きな具材)1つ
・鯖缶(水煮がベスト。味噌煮でもOK)
・味噌汁
鯖缶は、たんぱく質と良質な油が摂取できる万能の食品。おにぎりとお味噌汁だけで満足しがちだけれど、鯖缶をひとつ加えるだけで栄養バランスがグンとよくなります。
■“高たんぱく”“低脂質”を意識した おすすめおやつ5選
ダイエット中に食べると罪悪感が湧いてしまうおやつ。けれど、我慢しすぎるのもストレスがかかって身体によくないので、上手に選んでココロと身体を満足させましょう。
おすすめ01 オイコスヨーグルト
このヨーグルトを選ぶ理由は、たんぱく質が10g前後も摂取できてしまうから。ほんのりとした甘さもあるので、デザートを食べたいときの救世主。
おすすめ02 プロテインバー
今では、形状やフレーバーなどの種類も豊富なこちら。1本でたんぱく質が10g前後摂取できるうえ、甘さもあるのでおやつにぴったり。『ウィダー』のプロテインバーは、ウェハースタイプやベイクドタイプなどの種類があるので、お好みで選んで。
おすすめ03 ニオイがOKならスルメ
「ニオイなんて気にしない!」という人限定ですが、スルメは低脂質&高タンパクなので間食におすすめです。噛み続けることで空腹も軽減するので、「どうしても小腹が空いてしまう」という人はお試しあれ。
おすすめ04 どら焼きなどの和菓子
「どうしても、思いっきり甘いものが食べたい!」という日があるのも女子ならでは。そんな時には和菓子がおすすめです。洋菓子に比べて低脂質。糖分の摂取には要注意ですが、どちらか悩んだら和菓子を選びましょう。どら焼きは、たんぱく質も含まれていて◎。
おすすめ05 カカオ70%以上のチョコレート
どうしてもチョコレートが食べたいときは、カカオ含有量が70%以上の商品を選びましょう。カカオ量が多い分、通常のチョコレートより砂糖の含有率が低くなる傾向にあります。
私たちの体は食べたもので出来ているので、“今日何を食べるか”はとても重要です。ただただ制限するという無理なダイエットではなく、“必要な量”を知り、その範囲の中で賢く、食事も楽しみながらダイエットできるのが理想的ですね。

(文/今野 拓也)
Profile
パーソナルトレーナー
今野 拓也(こんの たくや)

自身の怪我の経験から身体づくりに興味を持ち、大学時代からパーソナルトレーナーとして活動。現在はジムを2店舗運営。20・30代女性をはじめ幅広い年齢層のユーザーに対し、食事やトレーニングのサポートを行っている。好きなお寿司のネタはサーモン。毎晩行う老子の書写が幸せなひと時。

公式サイト:『渋谷パーソナルトレーニングのプライベートジムととのえて、からだ。』

< 1 2

シェア Google+

関連リンク

おすすめコンテンツ


P R