ホーム ダイエット・ボディケア > 急増する“自粛太り”を救う?「お家でメリハリ」「揉むだけ」簡単すぎる自宅エクササイズ

急増する“自粛太り”を救う?「お家でメリハリ」「揉むだけ」簡単すぎる自宅エクササイズ

『ヒィロのやせる30秒メソッド』(かんき出版)より

『ヒィロのやせる30秒メソッド』(かんき出版)より

人気エステティシャンのヒィロさん

人気エステティシャンのヒィロさん

幼少期は引きこもりの肥満児、その後痩せてヴィジュアル系バンドで活躍し、現在は売れっ子エステティシャン…という異色の経歴を持つヒィロさん。彼が経営するサロンが人気のあまり予約が取れないため、「家でもできるものを作りたい」と考えたことが、著書『ヒィロのやせる30秒メソッド』(かんき出版)に収録されている。

 このメソッドは、手で揉む、ストレッチのように伸ばすなど、30秒でできる簡単なもの。ヒィロさんは「時間もお金も道具も使わない超初心者向け。必要なのは手だけなので、いつでもどこでも何かをしながらでも、簡単にできるから続けられるんじゃないかなと思います」と語る。

 ヒィロさん自身、「ものぐさで、1分でも長いし30秒が限界だから」と考案したこのメソッド。「何かを準備したり、着替えたりするのも面倒。“○○しなきゃダメ”と無駄にしばりつけると、それだけでモチベーションが下がってしまうので、面倒なことはすべて排除しました」というだけあって、今すぐにも始められて、ストレスにもならないことがポイント。著書では、毒素が溜まる場所、血液の流れについてなど、このメソッドが必要な理由が具体的に記されている。
 初心者にとくにオススメのメソッドは、人差し指と中指を耳の下に当てて10秒押す、フェイスラインに効くメソッド。「“小顔スイッチ”と呼んでいる耳下腺リンパを押すことで、顔の中に溜まった不要な水分や老廃物を外に出してあげることができます。普通に座っているだけでも首や肩の筋肉が凝ることがありますが、それは耳の下のリンパが詰まっているから。ケアすることでリンパの流れが循環して、フェイスラインはもちろん、首や肩の凝りもスッキリ。もっとも簡単なメソッドです」。
『ヒィロのやせる30秒メソッド』(かんき出版)

『ヒィロのやせる30秒メソッド』(かんき出版)

 ほかに、自粛生活で動くことが減った今にピッタリな、ふくらはぎをひたすら揉むメソッドもある。「ふくらはぎは、第二の心臓と言われるくらい重要な部位。そこが固まったり、筋肉の動きが鈍くなったりしてくると、必要な水分や老廃物が上にあげられなくなり、下半身のむくみの原因になるんです。一番大事なことは、筋肉を柔らかくすること。そうすることで筋肉の稼働率が上がり、弓矢のごとく血液が飛ばされていくので、どんな筋トレ、美容法においても基礎と言えます」。

 家の中で、着替えることも、何か用意することもなく実行可能なこれらメソッド。今すぐにでも試してみる価値はありそうだ。

とがわ愛さん『はじめてのやせ筋トレ』フォトギャラリー

  • 『はじめてのやせ筋トレ』
  • これが“やせ筋”!
  • これが“やせ筋”!
  • 美脚になれる『ワイドスクワット』のやり方【1】
  • 美脚になれる『ワイドスクワット』のやり方【2】
  • 美脚になれる『ワイドスクワット』のやり方【3】
  • 美脚になれる『ワイドスクワット』のやり方【4】
  • 『ワイドスクワット』で鍛えられる筋肉
  • 重力に負けない丸いお尻を作る『ヒップリフト』のやり方【1】
  • 重力に負けない丸いお尻を作る『ヒップリフト』のやり方【2】

>> Photo Galleryをもっと見る

シェア

関連リンク

おすすめコンテンツ


P R