ホーム レシピ > 「塩ゆでブロッコリーはママの味」 手作り弁当を15年食べ続けた娘の好きなレシピは?

「塩ゆでブロッコリーはママの味」 手作り弁当を15年食べ続けた娘の好きなレシピは?

 おかずは3品だけ、しかも卵焼き器1つで作るお弁当を紹介する『藤井弁当』。「お弁当はワンパターンでいい」というシンプルで手軽なお弁当本は、日々忙しいお母さんからお弁当初心者、男性まで、幅広い世代からラブコールが続出。2人の娘さんのため、15年間お弁当を作り続けた、著者で料理研究家の藤井恵さんに、秘伝のレシピを聞いた。

少食の娘に作ったシンプルな味 15年続いた“鶏そぼろ弁当食べにくいバトル”の結果は?

 お子さんが生まれるまで、お弁当作りには縁がなかったという藤井さん。お弁当作りを始めとした育児と家事、仕事を両立させるため、 “卵焼き器1つで、おかずは3品のみ”の『藤井弁当』を編み出した。

 少食だった娘さんの幼稚園時代は、メインと野菜の2品、しかも好きなものしかお弁当に入れなかったと藤井さんは語る。
「幼稚園に入りたての頃は、お弁当を見るとお母さんを思い出して泣いてしまう子もいるらしいんです。お弁当はお守りみたいなものだから、好きなものだけでいいと思って。初めての場所でひとりでがんばっているのに、あえて食べられないものを入れる必要はない。そういうものは、機会を見つけて一緒に食べればいいと思っていました」

 娘さんが成長するにつれ、お弁当のおかずは卵焼きを加えた3品に。料理研究家として毎日家で働く藤井さんの姿を見ていたからか、2人の娘さんはお弁当に関してあれこれリクエストすることはなかったそう。
「唯一、下の娘とバトルが続いたのが“鶏そぼろ弁当”です。“食べにくい”と言われて、とろみをつけたり、間に挟んでみたり、いろいろと試行錯誤した結果、真ん中に入れて上にごはんをのせる形で落ち着きました(笑)」

 バトルが続いた鶏そぼろも、娘さんが好きなメニューだったからこそ。食べにくいから入れないのではなく、食べやすいようなんとか工夫した母の愛は、娘さんに届いていたに違いない。

1 2 >

鶏そぼろ弁当レシピ

◇材料(1人分)
鶏ひき肉…80g
(A)しょうゆ…大さじ1/2、砂糖…大さじ1/2、おろししょうが…小さじ1

◇作り方
(1)鶏ひき肉とAをよく混ぜる。
(2)卵焼き器に入れ、汁けがなくなるまで3〜4分炒りつける。
(3)ごはんの上に鶏そぼろと、ゆでた絹さや、炒り卵をのせて完成。

下ごしらえ⇒

下ごしらえ⇒

炒り卵を作る

炒り卵の下準備

鶏そぼろを作る⇒

鶏そぼろの下準備⇒

絹さやを塩ゆで

絹さやを塩ゆで

炒り卵を作る⇒

炒り卵を作る⇒

鶏そぼろを作る

鶏そぼろを作る

【レシピ】お弁当はワンパターンでいい!卵焼き器1つで『藤井弁当』

  • 簡単なだけではなく「五感」で楽しめる“藤井弁当”
  • 5日間ワンパターン弁当を作ると体が覚えていく。基本の弁当1
  • 弁当1作り方(1)
  • 弁当1作り方(2)
  • 弁当1作り方(3)
  • 弁当1作り方(4)
  • 弁当1作り方(5)
  • お弁当1【メニュー】鶏肉の塩こしょう焼き、塩ゆでブロッコリー、甘辛卵焼き
  • 弁当2【メニュー】ポークチャップ、塩ゆでアスパラ、バター風味の卵焼き
  • 弁当3【メニュー】塩ざけ焼き、いんげんおおかか和え、ごま油香る卵焼き

>> Photo Galleryをもっと見る

1 2 >

シェア

関連リンク

おすすめコンテンツ


P R