ホーム ダイエット・ボディケア > “SNS映えしない”減量食「沼」が話題 考案のマッスルグリル「“食べると痩せる”は伝えたいことと真逆の考え」

“SNS映えしない”減量食「沼」が話題 考案のマッスルグリル「“食べると痩せる”は伝えたいことと真逆の考え」

 指原莉乃が〈初めて「沼」作った〉とツイートしたことでも話題となった究極の減量食「沼」。 その生みの親は2人組YouTuberの「マッスルグリル」。バランスのとれた美しい筋肉を競うフィジークで活躍するシャイニー薊(あざみ)と、総合格闘技の実力者スマイル井上による同チャンネルは、“筋肉や食をこよなく愛する人のためのYouTubeチャンネル”を標ぼうし、斬新な筋トレ法や食事を紹介。中でも「いい筋肉を作るための食事」には「沼」のほか、「マグマ」「セメント」「ボルケーノ」「ジャガバード」など、ユニークなネーミングの炊飯器料理が揃い、2人の軽妙なトークと相まって、ハマる人が続出。そんな2人に、「沼」誕生秘話から反響について、さらにはお正月太り解消法などなど聞いてみた。

写真でみるマッスルグリルの?映えない”料理たち

  • 完成した減量食「沼」(画像提供:マッスルグリル)
  • 動画再生300万回突破した話題の減量食「沼」(画像提供:マッスルグリル)
  • 女性向けに制作された減量食「ジャンピラフ」(画像提供:マッスルグリル)
  • 「沼」をよりスパイシーにした「泥沼」(画像提供:マッスルグリル)
  • 火鍋のように辛くておいしい「ボルケーノ」(画像提供:マッスルグリル)
  • ダイエット中でもお腹いっぱい食べられる特化型ダイエット食「ジャガバード」(画像提供:マッスルグリル)
  • 女性向け炊飯器で作る春雨ミネストローネ(画像提供:マッスルグリル)
  • 炊飯器で作る減量ドライカレー「ジャンピラフ2」(画像提供:マッスルグリル)
  • 反響が大きかったという女性向け減量食シリーズ「タコライス」(画像提供:マッスルグリル)
  • 炊飯器で作る超スタミナモツ煮(画像提供:マッスルグリル)

>> Photo Galleryをもっと見る

見た目は汚い「沼」 職場で食べて、周りの人を不快にさせてしまったことも…

━━話題の「沼」は、フィジークのコンテストに出場する前に、体づくりの最後の仕上げとして行う減量食として、薊さんが改良に改良を重ねて生み出したそうですね。

シャイニー薊高校2年の時、ボディビルダーの雑誌を見て、こういう体になりたいと思ってトレーニングと食事にこだわるようになったんですが、当時は、鶏肉だけとか、大豆だけとか、プロテインだけとか、たんぱく質をとにかく摂るという偏った食生活を送っていたんです。ところがそれでは思うように筋肉がつかない。コンテストに出るようになってから、勝つ体を作るためにはどうしたらいいかいろいろ試していくうちに、たんぱく質、炭水化物、脂質のマクロ栄養素をバランスよく取り入れた「沼」にたどり着きました。

━━「マッスルグリル」を始めた当初は「沼」を紹介するつもりはなかったとか?

シャイニー薊「沼」は美味しいし、自分にとって究極の減量食なんですけど、その名の通り、見た目が汚いですからね(笑)。職場で食べていて、周りの人に不快な思いをさせてしまったことも多かったですし。

━━なぜ、紹介することに?

シャイニー薊井上くんがやろうと(笑)
スマイル井上薊が付けた名前が面白かったので、変な料理として発信したら再生回数が伸びるかなと。ただ、僕たち自身は「沼」はぜんぜん変なものじゃないよという意識を持って紹介しています。単純に美味しいですし、色さえ気にしなければ体にいいお粥ですからね。

━━確かに、美味しいと評判です。

シャイニー薊まずいものを食べると美味しいものが食べたくなるんですよ。食事は楽しむものですからね。ストレスを抱えながら食事するのは食材に対して失礼です。

「調理師としての知識と経験が炊飯器料理に活きている」

━━薊さんは調理師免許を持っているんですよね。

シャイニー薊高校2年で体づくりを始める前から調理師を目指していて、専門学校卒業後は病院や学校、レストランなどで働いていました。当時は職業が調理師で、トレーニングは趣味でしたね。

━━その知識と経験も「マッスルグリル」にいきているんですね。

シャイニー薊そうですね。今、料理は趣味で、料理を考えるのが大好きなんですが、そこには給食の経験が活きているかもしれません。給食って毎日違う料理を作らなければいけなくて、それを何年もやっていたので、スーパーに行って食材を見ただけで、その場でメニューが無限に思いつくし、アイデアが泉のように沸いてくるんです。

━━炊飯器一台で作れる手軽さも人気の要因です。

シャイニー薊最初は「沼」を鍋で作っていたんですけど、火加減が面倒くさいし、ジムに行っている間に火をつけておくわけにもいかないし、炊飯器なら食材を投入して、スイッチを入れるだけで完成まで任せておけますからね。今は、炊き込みご飯を作ったり、カレーやおでんを煮込んだり、炊飯器をいろいろ活用しています。

━━たくさんの反響があったと思いますが、嬉しかった言葉などありますか?

スマイル井上視聴者の方とお会いしたとき、「沼」など僕らが紹介している炊飯器料理で糖尿病の数値が改善したと言われたんです。どんなダイエットをしても長続きしなかったのに、僕らの炊飯器料理は続けられて成果が出たと。そういったお話を聞くと、正しいことが正しく伝わっているのかなと実感できて嬉しいですね。薊がよく「自分のためになっていることが人のためになったらいいよね」と言っているんですが、その通りだと思っていて。「マッスルグリル」は自分たちの自己満足みたいなところから始まったけれど、最終的にはいろいろな人から共感を得られたり、観てくれた人がもっと幸せになれば嬉しいと思っています。
シャイニー薊体を作ることが人生のテーマだった自分のことを、筋トレをやらない、他の畑の人が見てくださって、「マッスルグリル好き」って言ってくださるのがすごく嬉しいです。

「これを食べると痩せますというメニューはありません」

━━ところで、お正月に太ってしまった人も多いと思うんですが、「マッスルグリル」の中に解消用のおすすめメニューはありますか?

スマイル井上これを食べると痩せますというメニューはありません。「沼」を食べると痩せるって思われてる方も多いんですが、それは僕たちの伝えたいことと真逆の考えなんです。人間、食わなきゃ痩せます。そうではなくて、美味しく、楽しく、必要な栄養素をきちんと取り入れて、体を正しく整えることが僕らの目的ですから。

━━では、正月太りを解消したい人はどうしたらいいか、何かアドバイスを!

シャイニー薊正月って炭水化物まみれの食事になるし、おせち料理も保存食が始まりだから砂糖を多く使っているので、カロリーオーバーになりがちなんですよね。でも、太ったからといって糖質制限すると、絶対リバウンドするからやめたほうがいいですよ。人間って自分らしい体というのがあって、自分だと体重80?。例えばアメリカに行って、食生活が変わって5〜6?増えたとしても、帰国して元の生活に戻れば、1〜2カ月くらいで体重も元に戻るんです。なので、正月休みで太ったとしても、仕事や学校が始まって元の生活に戻れば、自然と戻りますよ。体重を元に戻すのは意外とラクなんです。大変なのは通常の状態から絞り込んでいく時です。

━━最後に今後の展望を教えてください。

シャイニー薊「マッスルグリル」としては変わらずこのまま。「マッスルグリル」を軸にレシピ本の出版とか、いろんなことをやっていきたいですね。あと、これまでイベントもいくつかやってきて、コロナ禍の今はちょっと難しいですが、いずれまた、みんなの協力を得て、ひとつのステージを作りたいですね。

(取材・文/河上いつ子)

1 2 >

シェア

関連リンク

あなたにおすすめの記事

おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ