ホーム お悩み&コンプレックス > 「ママが逮捕された」先生に嘘の報告? 子どもの行動は予測不能…今だから笑って話せる【幼稚園&保育園あるある】

「ママが逮捕された」先生に嘘の報告? 子どもの行動は予測不能…今だから笑って話せる【幼稚園&保育園あるある】

2022/04/21

朝、別れる時に号泣していたので、大丈夫だったかと心配な気持ちで一日過ごしたが、お迎えの時に様子を聞いたら「あの後すぐに泣き止んでましたよ」と言われ拍子抜け(40代女性/神奈川県)

朝、別れる時に号泣していたので、大丈夫だったかと心配な気持ちで一日過ごしたが、お迎えの時に様子を聞いたら「あの後すぐに泣き止んでましたよ」と言われ拍子抜け(40代女性/神奈川県)

 幼稚園・保育園で新学期が始まり、予測不能な子どもの行動に毎日育児を頑張るママ、パパたちはイライラしてしまったり、落ち込んでしまったりすることも。そんなとき、幼稚園・保育園で起こった”おもしろエピソード”に触れて、少しでも気持ちが明るくなれば…。今だから笑って話せる、わが子のエピソードとは?

一途に想いすぎて、相手の園児が夢でうなされる…”おませ”な一面も

 この世に生を受けて数年なのに、ここまで大人びているとは…子どもの”初恋”を目撃してしまった話や、先生にプロポーズする準備をしていた強者も。座っている様子が会社の重役のように落ち着いていたり、先生だけの会議に一人だけ参加していたり。子どもだからといって、侮ることなかれ。頼もしいエピソードが集まった。

「娘が男子を従えて、仕切っていた」(60代女性/宮城県)

「娘の初恋を知ったこと。不思議だけど嫉妬した」(50代男性/静岡県)
「好きな人ができた!」と報告された時、せつない気持ちに…

「好きな人ができた!」と報告された時、せつない気持ちに…

「初恋?同級生の男の子を追いかけまわして相手の子が夢にうなされた話が笑えました」(50代女性/愛媛県)

「チョコレートを貰った女の子と結婚すると連れて来たこと」(40代男性/神奈川県)

「初めての保育参観『見にきても、声かけたりしないでよ!』と自立したことを言った年少の息子頼もしく感じました」(50代女性/大分県)

「年中になってからですが、おもらしをしてズボンが濡れてもそのままで帰って来ました。子供に聞いたら、『もう帰る時間だったから。』と言っていて、大物になる予感がしました」(40代女性/青森県)

「俺、SMAPに入るから…」とお遊戯をしなかった時期があったらしい」(50代女性/北海道)

「椅子に座っている姿が重役みたいに落ち着いていると言われた」(60代男性/兵庫県)

「昼寝をせず、昼寝時間に開かれている保育士の会議に一人だけ出ていた」(40代男性/京都府)

「先生と結婚するといって、指輪を工作していました」(50代女性/東京都)
指輪を作ってプロポーズするなんて、先生も胸キュンしているはず!

指輪を作ってプロポーズするなんて、先生も胸キュンしているはず!

保育園の先生たちに「ただいま!」 どっちがホーム?と思わずツッコミ

雨の日の登園は、本当に大変…

雨の日の登園は、本当に大変…

 時間が迫るなか、送り迎えは何かと焦ってしまいがちなタイミング。行き渋りがあったり、家を出ようとした瞬間に「トイレ…」と言われたり、まさかの”服を着ていない”という状況も生み出されている様子。予測できない子どもの行動に笑えてきて、落ち着いた対応ができたというコメントもあった。

「雨の日に急いでいたので慌ててカッパを着せて園バスに乗せたのですが、園に到着してカッパを脱ぐとズボンを穿いてなかったことがあります」(40代女性/東京都)

「服を着たくないと真冬の朝に言い出し、大泣きで埒が開かず、裸にコートだけ羽織って登園したこと。先生にもこのスタイルで登園の子は初めてですと言われました(笑)」(30代女性/神奈川県)

「保育園に登園した際に『ただいま!』と先生たちに言ったこと」(30代女性/広島県)

「帰りに手に何か持ってるなと思い、握っている手を開いたら死んだゴキブリだった…思わず『わぁ〜』とのけぞった」(50代男性/愛知県)

家のことは先生に筒抜けだと思ったほうがいい? 何でも話してしまうわが子

 「きのうね…ママがね…」と、家での出来事を包み隠さず先生に報告しているというエピソードも。正直にお話していて微笑ましいものもあれば、虚偽の報告まで? 子どもとの会話は、園の先生たちにも筒抜けであると肝に銘じなければならない…。

「幼稚園の面接で一番好きな食べ物を聞かれて、飛行機に乗ったときに食べるピーナッツと答えたこと」(50代男性/福岡県)

「面接の時に好きな食べ物を聞かれて、『お茶漬け!』と答えた時は焦りました。その時好きだったプリキュアのお茶漬けにハマっていて、今は笑えるけど…」(40代女性/鹿児島県)

「ママが昨日逮捕されたと、先生に嘘の報告をしていた」(30代男性/神奈川県)
先生にはなんでも話したくなっちゃいますよね

先生にはなんでも話したくなっちゃいますよね

「家では妻を名前で呼び捨てしているので、子どもも仲良しの女の子を呼び捨てしていて恥ずかしかった」(50代男性/岡山県)

 他にも「牛乳を飲むことができず、毎回お花にあげていた」(20代女性/茨城県)「どんぐりを鼻に詰めて取れなくなった」(40代女性/兵庫県)「七夕の短冊に将来ミカンになりたいと書いた。ミカンが大好きだったので」(60代女性/和歌山県)など、個性あふれる逸話が集まった。

【調査概要】
調査対象: OMR会員 男女20〜60代
サンプル数: 回答者全体 1073名
調査期間: 2022年3月23日(水)〜28日(月)
調査手法: インターネット調査
調査機関: オリコン・モニターリサーチ(https://omr.oricon.co.jp/?cat_id=omr-news

【オリコン調査データご利用上のご注意】
オリコン調査データの著作権その他の権利はオリコンに帰属しております。WEBサイト(PC、ブログ、携帯電話等)や電子メール、雑誌等の紙媒体等、いかなるメディアにおきましても、オリコンランキングを無断で掲載するといった行為は固く禁じております。

1 2 3 >

シェア

関連リンク

あなたにおすすめの記事

おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ