ホーム グルメ > 1日に何本飲んでいい?容器のくびれは何?意外と知らない「ヤクルト」の真実

1日に何本飲んでいい?容器のくびれは何?意外と知らない「ヤクルト」の真実

2022-10-25 eltha

誰もが知っている乳酸菌飲料「ヤクルト」。やさしい甘味と独特な酸味は他にはない無二の味わいで、子ども心に「もっとコップいっぱい飲んでみたい!」と思った人も少なくないはず。そもそも「ヤクルト」って1日何本も飲んでいいんだっけ? よく見ると容器のくびれも独特すぎ? そんな気になる「ヤクルト」の疑問に迫った。

容器がくびれているのは「飲みごたえ」をだすため

 今年、誕生から87年目を迎える超ロングセラー飲料の「ヤクルト」。おやつにも健康維持にも役立つとあって、冷蔵庫に常備している家庭も多い。そんな国民的飲料「ヤクルト」、改めて向き合うと、実は知らないことだらけ。そこで、誰もが一度は考えたことがある「ヤクルトにまつわる“あるある”な疑問」をピックアップ。果たしてヤクルト本社の見解は…。

【疑問1】ヤクルトは1日何本飲んでいい?

A:「食事に支障がない範囲なら問題ないが1本で十分」。「ヤクルト」は食品なので、普段の食事に支障がない範囲であれば何本飲んでもかまわないが、1日1本を目安に、毎日続けることで十分なメリットが期待できるそう。参考までに、定番の「Newヤクルト」(65ml)をコップ飲みする場合、一般的なコップ(250〜400ml)なら4〜6本弱入る計算。

【疑問2】どうして容器に“くびれ”がある?

A:「持ちやすく少量でも飲み応えを感じられる形状」。「ヤクルト」の容器といえば、中央付近がくびれたグラマラスなフォルムが特徴的。現在の形になったのは1968年からで、小さな子どもから高齢者まで持ちやすいだけでなく、くびれにより、中身が一気に口の中に流れ込むことがないので、少量でも飲みごたえを感じることができる。キャップが開けにくい場合は、スカート状になっている縁部分を全部開いてから、持ち手をゆっくり引き上げようにすると、きれいにはがすことができるそうだ。

【疑問3】1本の中身が少なくない?

A:「毎日の習慣にしやすいよう飽きのこない飲み切りサイズ」。人によっては「物足りない」と感じてしまうこともあるようだが、ヤクルトは毎日続けて飲むことが重要なので、あえて「飽きずに毎日続けやすい」量にしているのだそう。飲み切れる量にすることで、衛生的に品質を保てるというメリットも。

【疑問4】飲む前に振った方がいいって本当?

A:「しっかり振ることで栄養素を残さず飲める」。「ヤクルト」を飲もうと思ってふと見ると、底の方になにやら沈殿していることがある。この沈殿物は「無脂乳固形分」といい、「乳酸菌 シロタ株」をはじめ、たんぱく質、糖質、カルシウムなどの無機質、ビタミン類といった栄養素が含まれている。「無脂乳固形分」は容器を振ると混ざるので、せっかくの栄養素を余さず摂取するためにも、よく振ってから飲むようにしよう。

【疑問5】やっぱり毎日飲んだ方がいい?

A:「良い腸内環境を保つには毎日続けて飲むのがベスト」。ヤクルトに含まれる「乳酸菌シロタ株」は、消化液などに負けることなく生きたまま腸まで届くことが特長。「Newヤクルト」には1本あたり200億個の「乳酸菌 シロタ株」が含まれているが、残念ながら外から取り入れた乳酸菌は腸内に定着しないため、腸内のいい環境を保つには毎日続けて飲むことが大切なんだそう。

一見の価値あり、公式ゆるキャラが体を張る「ヤクルトあるある疑問」動画

 今回、紹介した「ヤクルトにまつわる“あるある”な疑問」はヤクルト本社の公式YouTubeチャンネルでも確認することができる。ヤクルトの公式キャラクター「ヤクルトマン」が体を張って消費者の疑問に答える動画『おしえて!ヤクルトマン』だ。

「『ヤクルトマン』は、2017年に誕生したヤクルト初の公式キャラクターで“みんなのおなかの平和を守る、おなかの味方”です。動画では、皆さまの疑問に答えるため、氷点下の冷凍庫に入ったり、連続縄跳びに挑戦したり、トランポリンで驚きの跳躍力を見せたりと、大奮闘しています」(ヤクルト本社広報室・丸山英輝さん/以下同)

 ゆるキャラデビュー時にはその他の強烈キャラの陰に隠れてしまったヤクルトマンだが、本動画で体を張る姿は一見の価値あり。まさに“ジワる”シリーズだ。

「現在公開されている動画は15本。海外向けに英語バージョンも作りました。ヤクルトマンを起用して楽しい動画を作ることで、若い世代の方にも「ヤクルト」に興味を持っていただけたら嬉しいですね」

 ちなみに『おしえて!ヤクルトマン』の新作は「現在、鋭意準備中」だそう。ヤクルトにまつわる素朴なギモンがある人はメールで問い合わせしてみたら、ヤクルトマンが体を張って答えてくれるかも!?

(取材・文/今井洋子)

1 2 >

Facebook

関連リンク

あなたにおすすめの記事

おすすめコンテンツ


P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ