ホーム エンタメ > 菅田将暉 Special Interview

菅田将暉 Special Interview

菅田将暉 Special Interview

カッコ悪い姿は見せたくない

菅田将暉
――出演作が続いていますが、最近はどんなことを意識してお仕事されていますか?
菅田将暉俳優という仕事は作品としてずっと残っていくので、「恥ずかしいものは作られへんし、カッコ悪い姿は見せたくない」という気持ちで常に挑んでいます。将来子供ができて「パパはどんなお仕事してきたの?」と聞かれた時に観せられないなんて嫌じゃないですか。自分が関わらせて頂くからには自信を持って「おもしろそうやろ」「楽しそうやろ」と子供に観せられる作品にしたいです。

――いま一番原動力になっていることは?
菅田将暉ジャンルで言うと漫画、お笑い、音楽です。
菅田将暉
――音楽と言えばシングル『見たこともない景色』を6月7日にリリースされましたけど、プライベートでもギターをよく弾いているそうですね。菅田さんにとってギターは普段の自分に戻れるアイテムなのでは?
菅田将暉そんなカッコいいものではないですよ(笑)。ギターはドラマでさだまさしさんの役を演じさせて頂いたことがきっかけで弾き始めたんです。それで、ある日1人カラオケをしたくなったんですけど、カラオケ店に1人で歌いに行く勇気が無かったので、じゃあ家でギターの弾き語りしたら好きなだけ歌えるやんと思って。たまに友人たちとお酒を飲みながらギターを弾いたりするんですけど、延々と楽しい時間が過ごせます(笑)。
――お忙しい中でどうやってそういった時間を作っているのですか?
菅田将暉仕事が忙しくなればなるほどプライベートが忙しくなるというか…そうしないと壊れてしまうと思うんです。シーソーのように、片方が下がりすぎたらもう片方が上がりすぎてしまってバランスが悪くなるような気がして。仕事以外でも面白いことが沢山あるので、いろいろやってみると全てが繋がってくるというか。なので時間は自然と作れています。
菅田将暉
――これからもどんどんいろんなことにチャレンジされると思いますが、“死ぬまでに叶えたい大きな夢”はありますか?
菅田将暉月に行ってみたいです! 

――月ですか!!
菅田将暉大きな夢と言われたので大きなこと言うただけなんですけどね(笑)。でも何時間もジッとしてるの嫌やな…(笑)。扉を開けたらすぐ月みたいな感じだと嬉しいです。

――それこそ福田監督作品で菅田さんが出演されたAmazonプライムドラマ『宇宙の仕事』みたいにワープして宇宙に行けたらいいですね(笑)
菅田将暉それいいですね! 将来何が起きるかわかりませんから実現するかも(笑)!?

(Text:奥村百恵/Photo:勝又義人)

INFORMATION

銀魂
人気漫画を実写映画化。ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズなどを手掛け、“コメディの奇才”ともいわれる福田雄一が脚本・監督を務め、小栗旬や菅田将暉ら豪華キャストが集結。笑って、泣いて、アツくなる、天下無敵の痛快アクションエンターテインメント。
2017年7月14日より全国ロードショー
原作:『銀魂』空知英秋(集英社『週刊少年ジャンプ』連載)
脚本/監督:福田雄一
出演:小栗旬、菅田将暉、橋本環奈 / 柳楽優弥、新井浩文、吉沢亮、早見あかり、ムロツヨシ、長澤まさみ、岡田将生、佐藤二朗、菜々緒、安田顕、中村勘九郎、堂本剛

(C)空知英秋/集英社 (C)2017 映画「銀魂」製作委員会

公式サイト

菅田将暉 Special Interview−PHOTO−

  • 菅田将暉(撮影:勝又義人)
  • 菅田将暉(撮影:勝又義人)
  • 菅田将暉(撮影:勝又義人)
  • 菅田将暉(撮影:勝又義人)
  • 菅田将暉(撮影:勝又義人)
  • 菅田将暉(撮影:勝又義人)
  • 菅田将暉(撮影:勝又義人)

< 1 2

シェア

関連リンク

おすすめコンテンツ


P R