ホーム レシピ > 作っておくと便利!和洋中に使える万能生地 「ひっつみ」

作っておくと便利!和洋中に使える万能生地 「ひっつみ」

パスタ・パン・うどん…、身近な食材に含まれる「小麦」。実は、日本の全体食事量の80%も占めているといわれています。そんな小麦を手軽に、しかも手作りで毎日の食事に取り入れられたら便利ですよね。今回は、生地さえ作り置きしておけば、和洋中、なんでも作れちゃう万能生地「ひっつみ」をご紹介します。


最近、グルテンフリーダイエットや低炭水化物ダイエットなどにより、なにかと敬遠されがちな小麦。でも小麦には、にんにくやねぎ類、ごぼう、大豆などにも多く含まれているフラクトオリゴ糖も含まれており、腸内の善玉菌を増加・活性化させたり、善玉菌が好む酸性の状態に腸内環境を整えてくれる働きもあるのだそう。腸内環境が整うことで、免疫機能や高脂血症の改善も期待できるのだとか。


また、小麦に含まれている炭水化物は、消化されエネルギーをつくる消化性炭水化物と、消化せずに腸内細菌が発酵分解して食物繊維や糖アルコールが含まれる難消化性炭水化物に分かれます。

難消化性炭水化物は、食後の血糖、インシュリンの増加を抑えて脂質の代謝やビタミン、ミネラルの吸収を改善してくれるので、組み合わせる食材によっては、助け合う大切な食材のひとつだともいえます。

どの食材でも、食べ過ぎてしまうと太りますが、自分の適量を知り、バランスよく食事に取り入れることで、小麦のパワーを有効活用したいものですね。ただし、セリアック病などの自己免疫疾患、小麦アレルギーの方には、おすすめはできません。

1 2 3 >

シェア Google+

関連記事

P R