ホーム エンタメ > これまで性格だと思ってきたけれど…ADHDの特性なのかも?【もしかして、夫はADHD? Vol.2】

これまで性格だと思ってきたけれど…ADHDの特性なのかも?【もしかして、夫はADHD? Vol.2】

■前回のあらすじ
ごみ出しを2回以上言われないとできなかったり、複数のお願いを覚えられなかったり、ナギさん(夫)の行動を思い返してみると、ADHD(注意欠陥多動性障害)なのではないかと思い…。

■優先順位がこんがらがる夫

やるべきことがあるのに、目に入ると別のことを優先してしまう夫のナギさん。私からは、けっこう「衝動的」に見えます。

過去に私がキレたのは、ナギさんが娘のムーコのオムツ替えの最中に手を止めてメールをしていたこと(股間丸出しで寝かせてる状態)。それって今しなきゃいけないことじゃないよね? 

話の脱線も多くて、自分が何を言おうとしていたのか分からなくなるなんてしょっちゅう

私が話そうとして順序立ててナギさんに説明している最中でも、途中で自分の話に持っていってしまい、脱線させるのが得意。「私の話の続きしてもいい?」と言うとハッとします。


■ADHDと言われる症状に当てはまる気が…

それから、保育園のお知らせプリントを毎回必ず読んでもらっていますが、その中身を理解できません

「運動会の準備期間になるため、15日以降はパジャマはいりません」
「玄関の施錠を新しくしました。9時〜15時の間は自動でロックされるので、インターホンを鳴らしてください」
こんな感じの文章が、理解できないらしいです。

「15日から運動会の日までは、パジャマは持って行かなくていい」
「9〜15時の間に保育園に行く時は、玄関が開かないからインターホンを押す」

等の言い方で、口頭で何度か説明して理解できるという感じ。

また、以前仕事でパソコンの事務作業をしていた時は相当苦労していたようです。じっと座って作業をする、というのが苦痛なうえに、作業中に次々と仕事を頼まれるので、頭がこんがらがり、優先順位を間違えたり、忘れたり、終わらなかったり…という状態になってしまったと。今は体を動かす仕事なので、自分に合っているようで特に問題なくこなしているようです。

こうして改めてちゃんと書き出してみると、ADHDと言われる症状にかなり当てはまるのですが、今までは性格だと思って特にそんなに気にした事はありませんでした


※この記事に記載された症状や治療法は、あくまでも筆者の体験談であり、症状を説明したり治療を保証したりするものではありません。気になる症状がある場合は医師にご相談ください。

(ちくまサラ)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ